衣替えのこの時期に気をつけたいこと

 
衣替えを先延ばしにしていたら、いつのまにかクローゼットは冬服と春服でびっしり。「面倒くさいから冬服もこのままかけておこうかな~」なんて気分になりかけているあなた! 実は“このまま”にしておくのは危険なんですって! お気に入りの洋服を守るための衣替えのポイントから、収納前の正しい洗濯方法までNGルーティン別に正しいケア方法をお伝えします。
 
 
 
 
「毛玉はもう諦めるしかない……?」 はNO!

 

 

☜ いやいや!毛玉は取れるし、防げるんです(^^)

毛玉は、取ることは可能です。諦めなくても大丈夫。クリーニングに出す前に自分で取ることもできますしクリーニング店に依頼することもできます。自分で取るならT字カミソリ。ごく一般的なものが使いやすいでしょう。肌に使うものなので、服にもダメージが少ないです。ただし肌が切れる角度で使うと服も切れてしまうため、注意が必要です。基本的に一定の刈り方しかできないので、毛玉の状態によっては刈り過ぎてしまうことも。毛玉を取る=本体のボリュームがなくなるということなので、使う際は気をつけてください。セーターやウールのコートなど、毛玉ができやすい素材のものは、着たあとに馬毛や豚毛の洋服ブラシでブラッシングをしておけば、毛玉になりにくい状態を保てます。

 

 

「クリーニングに出せば、新品で戻ってくるよね?」 はNO!
 
 
 
 
☜ お店で状態を説明することで、より丁寧なケアが可能に(^^) 
 
 
クリーニングに出す前に、まず服の状態をよく確認しましょう。案外汚れています。シミ、ほつれ、破れ…。ワンシーズン着ると、自分が思っている以上に服は傷んでいます。汚れは染み抜きを依頼できますし、ほつれはお直ししてくれるお店もあります。出すだけでなく、ひとこと受付で相談してみてください。

そして、気になる毛玉。クリーニングに出せば、毛玉もなくなり新品同様に戻ってくると期待したりしてませんか? 残念ながら、毛玉も綺麗に洗われ、そのまんま戻ってきます。 基本的にクリーニング店は人の手がかかるものは別料金。クリーニング代というのは“丸洗い”と“プレス”の料金と考えましょう。でも、別料金で依頼すれば対応してくれるところもたくさんありますので、一度聞いてみるといいでしょう。

 

 

「虫がつかないように防虫剤はたっぷりにしよう」 はNG!

 

 

☜ 誤った防虫剤使いはシミの原因!正しく使いましょう (^^)

 

入れておけばOK…ではないんです。置き方、入れ方を間違えている人が非常に多い防虫剤問題。せっかくクリーニングした洋服が台無しにならないためにも、使い方はしっかり覚えておきましょうね。

 

防虫剤は一番上

防虫剤は空気に触れることで防虫効果のあるガスが出て、そのガスは空気より重いので下に流れていきます。衣類に置くのはいちばん上に置きましょう。服のなかや下に置いても、うまくガス化がされないためあまり意味がありません。空気に触れないと効果が発揮できないため、圧縮袋の中に入れるのも意味がありません。

 

違う種類の防虫剤を一緒にしない

防虫剤の成分は、市販されている一般的なものだと4種類に分けられます。無臭のものはば、異なるメーカーの防虫剤を一緒に入れても大丈夫です。ただし、香りつきのものには注意しましょう。異なる種類のものを同時に使うと成分が喧嘩をして、シミを作ってしまうことがあります。

 

防虫剤は殺虫剤ではありません

防虫剤は虫をつきにくくするものです。汚れが付着した部分などあれば、虫に食べられやすくなります。防虫剤に頼るというよりは、“キレイに洗って保管する”という基本的なことをきちんと守ることをオススメします。」

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


 わかってはいたけど、改めて「防虫剤は殺虫剤じゃない」って思いました。ちゃんと、きれいにクリーニングやお手入れしてから、防虫剤を上に載せてしまっておかないと効果がないんですね。お気に入りの洋服は、また来年もきれいに着たいですものね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!