メイクが崩れないコツは?CAさんに聞く美容テクニック

メイクが崩れないコツは?CAさんに聞く美容テクニック

季節の温度変化によって左右されることの多い私たちのお肌は、乾燥したりオイリー肌になったりで化粧のノリ方も変わってきますよね。そんな中でも常に乾燥している機内の中にいるキャビンアテンダント(CA)さん達はいつもキレイなお肌をしていますよね。いったいどんな、とっておきの美容テクニックを実践しているのか早速見て見ましょう。

 

美肌を守るメイクポイント

 

いつも笑顔ハツラツとした笑顔を見せてくれるCAさんの、粉をふいてるお顔なんて見たことがありませんよね!(;^ω^)乾燥した機内や不規則なフライトスケジュールでも疲れた顔を見せず、なおかつお化粧が崩れない方法は【リキッドファンデーションに美容オイルを加えている】だそうです!

 

手のひらに適量のリキッドファンデーションを取り、そこにお気に入りの美容オイルを1滴たらして、なじませたらそのままお顔に塗ります。パフを使わずに、手で塗るところがキレイに仕上がるポイントのようです。オフィスの冷暖房対策にも実践できそうですね。

 

 

お仕事中のメイク直しはどうしてる?

 

メイクが崩れてしまったとき、脂取り紙でお顔の脂分を取り、ファンデーションからつけ直し…と言ったお化粧直しをしている人も多いのではないでしょうか。CAさんたちのお化粧直し方法を聞いてみると、ファンデーションの塗り直しはさらなる化粧崩れの原因になるのでしないんだそうです!

 

脂取り紙も、必要な脂分を摂りすぎてしまい余計に乾燥が目立ってしまうので、ティッシュを使用しているんだとか。メイク直しの時はファンデーションではなく、口紅をしっかり塗りなおすことで、キリッとした印象に変わるようです。

 

そしてお肌には十分な水分を与えるために小さなスプレーボトルに入れた化粧水を準備していて、乾燥した時にシュッとひと吹きするのですが、顔に直接ではなく、頭上から落ちれ来るミストを顔全体で受け止めるとムラなく水分補給ができ、メイクも崩れにくいとのことです。

 

 

就寝前にたっぷり補給、水分と保湿

 

どんなに疲れていても「メイクはその日のうちに必ず落とそう!!」とCAさん達の間の気合は相当なもののようです。そしてクレンジングした後の水分補給も桁違いで、通常1回500円玉位の量と言われますが、その分量の4~5倍の量を顔になじませます。しかもそれを3回繰り返すとのことで、半端ない消費量です。

 

化粧水は質より量が必要なので、リーズナブルなものを選ぶそうです。その後の保湿クリームは適量を手に取り、手のひらで温めた後に優しく塗って仕上げます。どうしても疲れてそこまでできないときはメイク落とし後に、ニベアクリームをを塗りこみ就寝することもあるようですが、お肌の調子は良いそうです。

 

引用元:https://goo.gl/JYGBgQ

 

 

 


メイク落としに気合が必要なほど、CAさん達の仕事は激務なのだと知りました。お客様へのサービスや見られるお仕事なので常に緊張状態ですよね。お肌へのお手入れも仕事の一環として考えられているのかもしれませんが、高いプロ意識を感じさせられます。乾燥や化粧くずれなど私たちの悩みを解決してくれるCAさんの美容テクニックをぜひ取り入れてみてくださいね
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

アイディアカテゴリの最新記事