たくさん食べると「疲れる・眠くなる」のはどうして?

たくさん食べると「疲れる・眠くなる」のはどうして?

 

皆さんは食後「 疲れたり・眠くなったり」した事はありませんか?では どうして疲労感や眠気がおそってくるのでしょうか?エネルギーチャージをしたのに不思議ですよね。どうしてそうなるのか?そんな時 身体はどうなっているのでしょう?今回は食後の疲労感や眠気について簡単に触れてみたいと思います。

 

必要以上に食べ過ぎだから?

 

 

自分はそんなに「食べていない!」そう感じている人は意外と多い様です。でも 体は正直なもの・・・。食後 疲労感や眠気を感じた時 もしかしたら「内臓疲労」を起こしている可能性があるかもしれません。自分では自覚がなくても「毎日のストレス・悩み事・緊張感」などありませんか?

 

 

人間の脳はストレスや考え事などをする時 大きなエネルギーを使います。自覚がなくてもあっても考え事が続いてるとエネルギーをもっと取らなくては!と勘違いをしてしまう時がある様なのです。そのため 「必要以上に食べ過ぎたり・甘い物が欲しくなったり」してしまうのだそうです。

 

よく「失恋したショックで過食になった」とか聞きますね。一概には言えませんが ずっと考え事をしてストレスを感じていると脳は「もっとエネルギーを!」と言うサインを出してしまうらしいのです。そして お腹がいっぱいになると血流が滞ってしまうので胃が疲れてしまうので胃の休息のために眠気がおそってくるのではと言われているのです。

 

胃に負担をかけない様にしてみましょう。

 

 

辛いものや刺激のあるものは控えてみよう

 

 

最近は激辛ブーム!辛いものや刺激があるものは美味しいですよね。でも 胃には大きな負担がかかっています。そして消化するために活発に働いています。でも いつも辛いものや刺激がある物を食べていると胃が疲れてきてしまうのは想像できると思います。なので 刺激のあるものは時々にして 胃に優しい物を食べる事は疲労感などの改善には良いと思います。

 

血糖の上昇を抑える食べ方

 

ご存知の方も多いと思いますが 食物繊維があるものから食べ始めると血糖の急な上昇を抑える事ができると言われています。急な血糖値の上昇は身体に大きな負担をかけてしまいます。そのため 疲労感を感じやすくなると言われています。血糖の上昇を抑えるためにサラダなどの食物繊維から食べてみるのも良いのではないでしょうか?

 

間食と夕食は控えめに

 

 

自然にお菓子などに手が伸びていませんか?

 

 

よく考えてみると意外と間食!と言うよりも 常にお菓子などに手が伸びていませんか?お腹いっぱいになるまで食べている訳ではないので気がつかないかもしれませんが 胃は休まず働き詰めなのです(^_^;) 胃の中のものは約3時間で消化されると言われているので出来るだけ間食をしない様に心がけてみると疲労感も減少してくると思われます。

 

夕食はお腹いっぱいに食べない!

 

朝より夕食の方がカロリーが高いものです。でも ここで気をつけたいのが食事の時間と就寝時間との間の時間です。夕食はカロリーが高いのに対して後は寝るだけです。沢山 食べた後に消化しない内に寝てしまうとやはり胃と腸は働き詰めで疲れてしまいますね。

 

なので夕食は空腹を満たす程度に抑えておくといや腸に負担をかけず 朝はスッキリと目覚められると思います。胃に負担をかけない事が疲労感や眠気防止につながると言うことですね。ほんの少し控えてみようと言う心がけが体調を整えてくれるのではないでしょうか?

 

 
 

 
 
いかがでしたか?食後の疲労感や睡魔は食べ過ぎなどによる胃の疲労から来ることもあるのですね。私もついつい間食していますが 言われてみれば当てはまる事ばかりでした(^_^;) これでは肥満になっていくのが納得出来ますね(^_^;) 食後の3時間は他に食べない!夜もほどほどに食べる程度など もう一度 見直す良い機会だと思いました。少し位なら大丈夫!と言う気持ちが常に食べているになっているんですものね(^_^;) 体調も良く綺麗になる事は私自身が望んでいる事なのでちゃんと見直していきたいと思います。皆さんも良かったら参考にしてみて下さい。
 
( キュレーター : Rose )
 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

こころカテゴリの最新記事