ジャンクフード中毒と脳の関係とは

ジャンクフード中毒と脳の関係とは

「ジャンクフードは体に良くない」そんな認識があるにも関わらず、つい食べたい衝動に駆られるには、ある恐ろしい理由があるそうです。

 

「ジャンクフード」を欲する理由とは

 

ジャンクフードと聞いてどんなものを思い浮かべますか?ハンバーガーやフライドポテトを想像する人も少なくないと思いますが、それ以外にも「うどん」「ラーメン」「天丼」「パンケーキ」等も含まれるんだそうです。ジャンクフードの定義は「高カロリー・栄養素が少なく偏った食品」のことを言い、先ほどの食品では「糖質、脂質、塩分が多くビタミン、ミネラルが少ない」といった共通点があります。

 

誰もが体に良くないと思っているのになぜ食べてしまうのか、そこにはジャンクフードの怖さの理由がありました。人はストレスを感じると糖質の多いものが食べたくなります。そしてお酒にはお腹いっぱいの感覚を麻痺させたり食欲増進にもつながり、ジャンクフードが食べたくなってしまうそうです。

 

また小麦粉に入っているグルテンは食べれば食べるほど欲しくなる中毒性があるといわれています。パン類、麺類、お菓子類は小麦粉の代表製品であり、それを取り続けることで血糖値の急上昇、急降下を繰り返し、負の連鎖にはまっていきます。体にも悪い影響を及ぼしかねないジャンクフードを食べるときは、野菜を加えたり食べる回数を減らすなどの注意が必要ですね。

 

引用元:https://goo.gl/nEZBZj

 

 

ジャンクフードへの依存を断ち切るには

 

ジャンクフードの食べる量が少なくなれば「食べたくて我慢ができない!」という欲求も減ってくるのですが依存から脱却する方法は、お店に行ったら野菜、肉、フルーツ、卵などの自然食品売り場だけしか見ず、加工品、お菓子売り場にはいかない事です。

 

それ以外にも【5つの原材料ルール】といった5つ以上の原材料が含まれている食品は買わないというルールを決めるのも効果的です。また、歯ごたえのあるモノ(ニンジン等)、クリーミーなモノ(ひよこ豆のディップ等)などいろんな味、食感、風味を楽しむことで脳は満足するので、多くの種類の食品を食べるようにしましょう。

 

そして問題はストレスからくる食に走る原因は、ストレスによって脳から出る物質により、脂肪や砂糖にどうしようもない欲求を感じてしまうのですが、ストレスとうまく付き合うこともできます。呼吸法や、瞑想、体を使ったエクササイズなんかもおすすめですので、取り入れてみましょう。

 

引用元:https://goo.gl/7K4uzY

 

 

ホントのところ野菜ジュースは体にいいの?

 

外食が多いOLさんや独身者、一人暮らしの人にとっては便利で身近な「野菜ジュース」はコンビニでもたくさんの種類がそろっていますよね。でも生野菜と比べて栄養価はどうなのか心配になりますが、専門家のお話によると、生野菜では取りにくい栄養素がとれたり、逆に吸収が良かったりするメリットがあるようです。

 

生野菜の長所は、酵素や熱に弱いビタミンCやB群など栄養をそのまま摂取できる点です。しかしデメリットは栄養素が硬い細胞壁に囲まれているので、吸収されるのに時間がかかる点です。このデメリットを粉砕、濃縮している野菜ジュースが解決しているというわけです。

 

全ての栄養素が取れるというわけではありませんが、野菜不足を感じる人は、野菜ジュースを飲んだり、またお料理に使ったりするのもよいですね。

 

引用元:https://goo.gl/goZMW7

 

 

 


ジャンクフードは「ハンバーガーやポテト」のイメージしかありませんでしたが、うどんもジャンクフードだったんですね。その中にネギを入れたり、ワカメをいれたり、揚げを入れたりすると、少し違う栄養も取れます。小麦粉の中毒性はとても恐ろしいですが食べすぎず、食事をするときはバランスを考え、どんな栄養素が入っているかを思いうかべてから取ると「今日は○○が不足してるな~」と感じられるのではないでしょうか。足りてないときは野菜ジュースがおすすめですね。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

こころカテゴリの最新記事