涙が出るのは頑張ってる証拠だねぇ。

 その日は、なんだかいつもよりつわりがひどい気がしました。朝ごはんを即座に戻してしまいましたが、まぁいつものことか、と思いながらいつもの電車で出社しました。でもなんだかおかしい。会社まで普通に歩いて20分。その日は全然歩けず、45分でやっと到着。業務に取り掛ろうにも気持ち悪く、すぐにトイレへ。昼食を食べても戻してしまう。何度も「帰ろうかな」と思いましたが、帰るのも体力が要るので「体調が回復したら帰ろう」と考えていたら結局定時になってしまいました。

 

 pregnant-female01

 

やっとの思いで駅へ辿り着くと、そこには『雷と大雨の影響で電車がストップしています』の表示が。駅にはベンチもありませんので、立ちながらいつ来るかわからない電車を待つしかありませんでした。30分、1時間たっても来ない。もう限界…と思った時、やっと電車がきました。座りたい…!と思ったけど、皆が乗り込むその電車にダッシュで駆け込む元気もなく、私が電車に入った時はもう満員でした。

 

私の顔は青ざめていたんだと思います。心優しい男性が「座っていいよ、大丈夫?」と声をかけてくださいました。嬉しさと申し訳なさと情けなさですでに涙が出そうでした。お礼を言って座ると、隣に座っていた母と同じくらいの年齢の女性が、「つわり?しんどい?これ、おばちゃんが働いてるパン屋の袋だけど、吐きそうになったら使いな」と紙袋をくれました。

 

私は「ありがとうございます、でも…」というと、その気持ちを察したかのように「大丈夫。誰も見えないようにおばちゃん隠したるから」と笑顔で言いながら私に紙袋を持たせてくれました。本当にありがたくて、涙が溢れました。「涙が出るのは頑張ってる証拠だねぇ。良いお母さんになるよ」と励ましてくれ、それ以降最寄り駅につくまで、席を譲ってくれた男性、優しい女性お二人が時たま「大丈夫か?」と声をかけてくれました。

 

最寄り駅まで到着し、三名の方にお礼を言うと「元気な赤ちゃん産んで、少子化対策に貢献してや!」「がんばれ、家まで気を付けて」駅まで車で迎えに来てくれた母にこのことを話すと「きっとお腹の赤ちゃんが、今日は雨で電車が止まるから早く帰りなさいよ。ってつわりというサインで教えてくれてたのよ。でも、あなたが結局頑張りすぎちゃって定時まで帰らなかったから、良い人に巡り会わせて、楽に帰ってこれるようにしてくれたのね。

 

我慢したのはすごくえらいけど、でも頑張りすぎないでね」と言われました。母の私を気遣う優しさにも嬉しさが込み上げました。こんな優しい人たちに支えられて子供を産めることに感謝します。生まれてくる子供もそんな優しい子に育って欲しいです。後日、紙袋に書いてあった店名を頼りに、パン屋さんまでお礼しに行きました。今ではその女性とお友達です。

https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/10/18/award06

________________________

「ママにしてくれてありがとう」人生のスタートをきった生後3日目の娘に書いた手紙

 

20160502201312

 

 「出産して、我が子と対面すると出産の痛みを忘れる。」なんて言葉を聞いたことがありますが、出産された方はいかがでしたか?私の場合は、少し違いました。出産直後は正直に「もう2度とこの痛みは味わいたくない」と、強く強くそのときは思いました。とはいえ出産直後、娘をはじめて抱いたとき、とても嬉しく頑張った娘に「ありがとう。」という気持ちも当然ありました。さらにこの子が大人になれるまで、育てるという責任を感じました。

 

そして、ママとして育児がスタートし3日目のことです。おむつ替え、3時間ごとの授乳。この繰り返しの中、必死で生きていこうと頑張っている小さな小さな娘を見て涙が出てきたのです。私は授乳がなかなかうまく出来きず、サポートしていただいている助産師さんに娘は無理やり起こされ、泣き叫んでいる口をこじ開けておっぱいを飲むように何度もチャレンジ。

 

もっと幸せな場所に行けると思っていたのでは?と嫌がり泣き叫ぶ様子を見ながら可哀想に思えてしまいました。これが出来ないと生きていけない。だから嫌がっていても練習させないといけない・・・幸せそうに眠る娘の寝顔を見たときにとても愛おしくなり涙が溢れてきました。私の娘として生まれてきてくれたことへの感謝、そして娘の人生を無事にスタートさせてあげられたことへの安心から溢れたものでした。

 

娘が外に出てきてたった3日の間に彼女が経験した苦労を考えると、陣痛の痛みなんて可愛いものだと思います。そして、これから様々な経験をする彼女はこれからがもっと大変なのだと。。そして急に思い立ち、娘宛に溢れる涙をぬぐいながら3日目のママから未来の娘宛に手紙を書きました。「愛されて生まれてきたのよ」と、いつか伝わればいいかなと思っています。まだ生後一ヶ月も経たないですが、授乳は少し上手になり少しずつ大きくなる様子を見ていると、成長を感じ嬉しくて涙が出そうになります。「ママにしてくれてありがとう」と、我が子に本当に感謝しています。

引用元https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/11/02/200000

________________________

赤ちゃんを抱え「助けて」と泣き叫んだ…里帰り後、新居での生活で孤独に襲われる

 

wuzgqqocpn7gkjz1478299401_1478299527

 

 出産後、実家で約二ヶ月間過ごしました。里帰りが長引いた訳は、丁度主人の異動で引越しをしなくてはならず、新居に行くタイミングで私と赤ちゃんも移動しようということになったのです。主人は仕事が忙しく、育児を手伝うことは期待できない。そのため、引越しても状況は変わらないから、何とかやっていけるだろうと思っていました。しかし、実家を出る当日、とてつもない不安に襲われました。

 

両親という、心から信頼でき助けを求めることができ、弱音を吐くことができる存在、また赤ちゃんを可愛いとあやしてくれ認めてくれる存在が、無くなってしまうことに気づき、心細くなってしまったのです。主人が新居まで車を走らせてくれる中、私はずっとボロボロと涙を流しました。私、この先、赤ちゃんと二人きり。やっていけるのかな…。その日は泣き続けたため、とても疲弊してしまい、新居に到着し 後早めに就寝しました。

 
 

窓から見える空を眺め、授乳をしていると、途端に涙が溢れます。“どうしたの?私…いつもの朝と何も変わらないじゃない。いつもみんなを送り出したら、赤ちゃんと二人きりだったじゃない。何も変わらないよ。洗濯をして、買い物をして、ごはんを作って、赤ちゃんをお風呂に入れて、赤ちゃんと遊んで、授乳して、寝かしつけて…いつも通りにやればいいんだよ…”思えば思うほど、涙が溢れます。

 

“あぁ、両親は近くにはいないんだ。誰も助けてくれない。この街のこと、何も知らない。どこにスーパーがあるのかも、どこに駅があるのかも、どこに何があるのか知らない。知っている人は誰もいない。知っている風景は何一つない。知らないに溢れている。私、赤ちゃんと二人きりだ…”孤独感に襲われました。赤ちゃんを抱きかかえ、声をあげて、いい大人が泣き叫びました。誰が助けて…。

 

必死に携帯の電話帳を探ります。“この人なら…!”助産師の友人が、仕事を正社員からアルバイトに変更したと先日話していたのを思い出し、電話をかける。“お願い、電話に出て!お願い…!”心の中で叫びます。「もしもし~?どうした?」…つながったのです。そして友人に泣きつきました。“私は一人じゃない、助けてくれる友達がいる、主人もいる、遠いけれど両親もいる、赤ちゃんもいる。私、大丈夫だ…”

 
 

出産を機に、改めて自分が周りの人に支えてもらって生きていることを実感しました。家族や友人だけではありません。街に出ると、電車の席を譲って下さる方や、声をかけて下さる方が沢山います。だから私は、周りの人に感謝を伝えることを忘れないようにしています。思いやりを感じたら、親切にして頂いたら、感謝の言葉を伝えるようにしています。人は優しい。出産、子育てを経験しなければ、もしかしたらわからなかったことかもしれません。私が周りに支えられているように、私も誰かを支えてることができるように、毎日を頑張って生きていきたいと思います。

引用元https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/10/29/210000

________________________

 妊婦さんが電車の中でつわりが酷い時は、こちらが見ているだけでも可愛そうで切なくなってくるけれど・・・必死で生まれてこようとしている赤ちゃんのことを思おうとママには頑張ってと願うだけで精一杯の気持ちになる。「出産して、我が子と対面すると出産の痛みを忘れる。」なんて言葉を聞いたことがあるけれどそれだけの痛みから生まれた我が子は、何事にも変えられない女性だけの神秘的な世界だと思う。子育てで悩むよりも周りの方々に支えて貰って初めて赤ちゃんと生きていけるではないかと思う。今回の色々な感動はドラマのように感じました。

(キュレーター:remon)

最新情報をチェック!