家事を楽する方法

家事を楽する方法

ずぼら必見!簡単スキマ掃除!

 

普段見落としやすいのが“スキマ”の掃除。というかそこまで手が回らないことありますよね。ちょっとの時間の習慣づけで、楽でキレイな生活をめざしてみませんか?

 

 

【冷蔵庫、電子レンジ】
台所の冷蔵庫やコンロ下、電子レンジ裏など暖かくて餌があって、ゴキブリなどが集まりやすいんです。手が届かない場所は、アズマ工業の「シートでスキマキーレー」がおすすめ!全長67センチの本体にワイパーシートをつけると、1センチのスキマにも入り奥のホコリも取れます。冷蔵庫内トレーのこびりつきやパッキンの汚れは、消毒用エタノール(キッチン用の市販品なども可)を脱脂綿に湿らせ、1、2分置きます。ぬらしてふやかすのがコツナノですがガラス部分が曇る恐れがあるため、冷蔵庫メーカーは使用不可をすすめていますが、水ぶきや洗剤を使うより短時間で効果が高く、除菌もして臭いも取れ一石四鳥らしいですよ。

 

 

【浴室】
忘れがちなのがシャワーヘッド。洗面器にぬるま湯を入れ、大さじ2杯ほどのクエン酸を溶かし、ヘッドを溶液に20~60分つけます。その後、古い歯ブラシやようじでつまった水垢汚れを落としていきます。終わったら十分すすぎましょう。そして、風呂ぶたの折り目も汚れが付きやすいですよね。雑巾のような臭いがしたら、消毒用エタノールを古布などにつけてふくと、臭いがとれます。また赤いっぽい汚れには、塩化ベンザルコニウム(商品名オスバンS)がよいそうです。200~500倍にうすめて拭けば雑菌の繁殖を抑え、汚れにくくもなるんですって。換気扇も、フィルターの隙間にホコリやカビがつきやすいので、古い歯ブラシと中性洗剤などで掃除するとよいそうです。

 

【トイレ】
トイレの床や壁は、クエン酸と消毒用エタノールが効果的。便器の継ぎ目も、消毒用エタノール(「スクラビングバブル」などトイレ用アルコール除菌剤)でふきます。掃除しても臭う場合、便座下が原因の事もあるので、そんな時は温水洗浄便座を抱えて斜め上に引き上げフタを取り、外したらクエン酸水を吹きかけた布でふき取り、消毒用エタノールスプレーをかけるのがいいそうです。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12662683/

 

幸せになるなら家事は捨てたっていい?

 

本来家事は生きるためにするもの。なのに、家電の進歩が進んで便利になっていても家事は楽になっていません。ハードルの高い理想を捨てて、家事から解放されませんか?ご飯だって「一汁一菜」でも十分だと家庭料理の第一人者、土井義春さんは話します。毎日がごちそうでなくても「ふつう」が大事。味噌汁に好きな具を入れて味噌を解くだけで、ご飯が炊ければ出来上がる。一汁一菜の基本に戻すと余計なものから解き放たれるそうですよ。

 

それは家事全般にもいえることで、時短や家事のテクニックに走るより不要な家事を捨てることのほうが楽になり解決します。時間を決めてその中に納まらないものは機械や外注、家族に任せてみたりすることで、時間と心の余裕ができます。家事はやり始めるときりがないですよね。でもゴールを決めると達成感もわきます。

 

おすすめはキッチンタイマーを使って1分掃除とか、集中してやるといいようです。買い物も売り場順にリストを書き出してみたり、買い物かごと同じ大きさのバッグで会計時に詰めてもらったり。またおかずのレパートリーも書き出して見える化することで、慢性的な献立の悩みからも解放されるそうですよ。自分しかできないという気持ちや完璧主義を捨てて、寛容な気持ちを手に入れてみませんか。

 

引用元:https://dot.asahi.com/aera/2017020700047.html

 

家事の効率化UPを実現する方法

 

毎日の家事を少しでも手間を省きたい、まとめてやりたいとか思う主婦はいるのではないでしょうか?それには、すこし時間を意識することで家事も効率よくできるようになるそうですよ。料理の時短には「下ごしらえ」。これだけで全然作る時間が変わりますが、それでも困ったときは「鍋」にする。朝食と一緒に作っておけば、なお楽です。ただし夏場は注意ですね。

 

他の家事を減らす方法は、トイレマットを敷かない、ハンカチをハンカチタオルにする、便利器具よりハサミや包丁まな板を使う、などです。洗濯も夜にすることで、電気代もお得になるし、翌朝も時間に少し余裕ができるのではないでしょうか。いずれにせよ、計画を立てることが段取りすることが効率の良さにつながるようですね。

 

引用元:https://www.drwallet.jp/navi/15275/

 

 

 

 


今の主婦はやることがいっぱいで大変ですよね。昔はこんなだったかな~と考えてしまいますが、やはり手を抜いていたことも多かったのではないかと思います。あとは誰かに任せたり。今は便利な世の中になったので、自分一人で背負わす、人や機械に依頼したりして少しでも余裕ある気持ちを保っていたいですね。それがきっと良い子育てや家庭にもつながっていくのではないでしょうか。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

こころカテゴリの最新記事