「死後離婚」増加中!

「死後離婚」増加中!

 

最近 死後離婚と言う言葉をよく耳にする様になりました。みなさんの中で死後離婚「姻族関係終了届」と言う手続きが出来ることを知った時 「私だったらどうしようかな?」と考えた事はないでしょうか?今回は婚姻関係終了届けなどについて簡単に触れてみたいと思います。

 

婚姻関係終了

 

 

死後離婚

正確には配偶者の死亡後に離婚は出来ないんです。それは婚姻関係は配偶者の死亡によって終了しているからです。ただ 婚姻関係終了届けを各市町村に提出することが出来ます。姻族関係終了届を提出する事により 配偶者の両親や親族と縁を切り他人となる事が出来ます。

 

もしかしたら死後離婚と言った方が関係性的にはお分かりいただけのではないかと思います。ただ 婚姻終了届けを提出しても戸籍はそのままになっています。もし戸籍も別にしたい時は「復氏届け」を提出する方法があります。こちらの手続きをすると旧姓に戻る事も出来ます。この手続きも各市区町村に提出して下さい。

 

 

なぜ 姻族関係終了届けを選ぶのか

民法では「民法877条1項 直系血族及び兄弟姉妹は、互いに扶養をする義務がある」と定められています。原則として 義父母を扶養する義務があるのは「義父母の直系血族(親・子・孫等)と義父母の兄弟姉妹」です。また 「民法877条2項 家庭裁判所は「特別の事情があるときは、(中略)、三親等内の親族間においても扶養の義務を負わせることができる」と定められています。

 

「特別の事情」があると認められると扶養義務を負う可能性があると言えるのですね。その義務を背負わないために婚姻関係終了を選択される事が多くあるのではと思われます。 でも 子供は義父母との血縁関係である事に変わりはないので この事は覚えておかれるといいと思います。

 

引用元 https://goo.gl/1rXZq5

 

婚姻関係終了届け後どうなる?

 

 

子供の苗字を変えたい時

婚姻関係終了届後 あなたの苗字は「復氏届」を各市区町村役場に提出すれば旧姓に戻る事は可能です。そして戸籍も別にする事が出来ます。そして子供の苗字も変えたい時は家庭裁判所に「子の氏の変更許可申し立て書」を提出し裁判所から許可が出たら「入籍届け」を各市区町村に提出して受理されれば手続きは終了です。

 

 

遺族年金はもらえる?

婚姻関係終了届後でも遺族年金はもらえます。貴女が復氏届を提出して 旧姓に戻しても 戸籍を作って夫の戸籍から抜けても遺族年金はもらえるのです。

遺族年金の支給失効は・・・

・死亡

・新たに婚姻したとき

・直系血族または直系姻族以外の者の養子になったとき

・離縁によって死亡した被保険者との親族関係が終了したとき(離縁=養子縁組解消のこと)

・30歳未満で遺族厚生年金のみ受給している妻(子がいない妻)が受給権発生から5年を経過したとき

 

遺産相続はもらえる?

婚姻関係終了届後でも遺産の相続は出来ます。遺産相続の権利は配偶者が亡くなった時点の関係性で判断されるため配偶者の死直後は婚姻関係になっていますので 婚姻関係終了届後でも遺産相続を受けることができます。

 

引用元 https://goo.gl/90X2dd

 

婚姻関係終了届け手に必要なもの

 

 

 

姻族関係終了届を提出したい時は「各市区町村役場」に提出して下さい。「印鑑及び本人確認書類(運転免許証)」などが必要になります。本籍地以外の市区町村役場に届け出る時は「配偶者の死亡の事実」及び「生存配偶者の確認が取れる戸籍謄本」も必要となります。この時 姻族関係終了届を提出する時は姻族の承諾は不要です。

 


 

いかがでしたか?婚姻関係終了届けについて少しは参考になりましたでしょうか?何れにしても配偶者の死後 婚姻関係終了届けを提出したいと思っている特に妻が増えて来ています。それがけ我慢して来たと言う事なのでしょうか?色んな考え方がありますが私も夫に先立たれたらきっと婚姻関係終了届けを出すと思いますね(^_^;) ひどいって思われるかもしれませんが夫が亡くなったのですから色んなしがらみから解放されたいと考えてしまうからだと思いますね。みなさんはどうされるのでしょうか?

( キュレーター : Rose )

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

こころカテゴリの最新記事