小学校低学年のうちはコミュニケーションを第一に

 

小学校に入学したら個室に勉強机を用意するご家庭もあると思いますが、コミュニケーションがよく取れて風通しのよい家庭を望まれるのであれば、もうしばらくはお子さんをリビングやダイニングキッチンで過ごさせてはいかがでしょうか?小学校低学年までの子どもの部屋づくりのポイントをご紹介します。

 

 

居間やダイニングキッチンが中心に

 

小学校の低学年、中学年辺りは、まだ家族と過すことが多いもの。自分の勉強部屋があっても、そこはベッドルームとして活用されているご家庭も多く、宿題や読書などは居間やダイニングキッチンでという子どもも多いようです。

居間やダイニングキッチンは、母親の目が届きます。コミュニケーションが取りやすいので、学校でのこと、宿題、習い事のことなども、聞いてあげたり見てあげることもできます。子どもが何をしているか、様子などがよくわかって親の方も安心です。母親が近くで見守っていたら、ゲームのやり過ぎやテレビの見過ぎなども注意ができそうですね。

 

 

子ども部屋は親の目が届きやすい場所に


 
 
 
それでも、小学校低学年頃のお子さんに子ども部屋を作る場合は、親の目が届きやすい場所にするのがおすすめです。居間やダイニングキッチンの近くの部屋など、家族の気配が近くに感じられる場所であれば、子どもにとっても安心。自分の部屋にいることで落ち着けるし、自分の部屋を持つことで子どもの自立心を促すともいわれています。部屋の片付けや家具の配置などは子どもの意向も取り入れ、自分で管理できる自由な空間を持たせるのも子どもの成長にとってはいいこと。親が見守りつつ、自立心を伸ばしてあげられる方向へ、導いてあげられるといいですね。

 

 

基本は、まだ家族のいる場所で

 

子ども部屋にあれこれ機能を備えてしまうと、子どもが引きこもったり、家族とのコミュニケーションがおろそかになることもあります。小学校低学年のうちは基本は家族と過し、子ども部屋は寝ること休むことをポイントに考えるとよいでしょう。子ども部屋は子どもの自立心を促すというメリットもありますが、あまり小さいうちから部屋を与えなくても、子ども自身が「自分の部屋がほしい」と言い出してから用意するのでも遅くありません。それまではしっかりと家族のコミュニケーションを深められる一緒の空間で子どもを見守ってあげましょうね。

引用元 Yahoo!ニュース

 

 

 


知人にとても家族仲のよい家があります。息子さんたちは個室があるのにいくつになってもダイニングテーブルに集まって来て勉強するというご家庭です。食事の支度のジャマだとか母親は言うのですが、笑顔です。一流の大学と、大学院へ通う息子さんたちはとても明るい好青年で、毎年家族全員が笑顔の写真入りの年賀状が届きます。個室を持つのは焦らなくても、子どもから希望が出てからでも、決して遅くはないでしょう。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!