見えない不調に悩んでるあなた、それって「自律神経失調症」かも!?

風邪をひいてもいないのに微熱があったり動悸を感じたり…でも病院で検査をしても原因が分からないなんていう状態が続いているとしたら、もしかしたら「自律神経失調症」の可能性があるかもしれません。病名ではない自律神経失調症は他にどんな症状があるのか?またどんなことが原因になるのでしょうか。

 

自律神経の役割とは

 

自律神経は私たちの体の「循環器」「消化器」「呼吸器」など、体の機能をコントロールしてくれる神経のことを言います。交感神経と副交感神経が交互に作用し、24時間フルに働いています。交感神経、心拍数を上げたり、筋肉の緊張し、血管の収縮など私たちの昼間の活動時に活躍をしています。

 

一方、副交感神経は夜のリラックスした時間が主な活躍時間で、心拍数の落ち着き、筋肉のゆるみ、血管の拡張などで、栄養の吸収や老廃物を排出したりと体の新陳代謝や疲労回復を行っている役割を担っています。この交感神経と副交感神経のバランスが崩れ体調不良が現れることを「自律神経失調症」といいます。

 

 

自律神経失調症の原因と症状

 

自律神経失調症は体だけでなく心のバランスも崩してしまいます。体の症状は疲労感、頭痛、耳鳴り、めまい、便秘、下痢、手足のしびれ、不眠などで、精神的には、イライラしたり、わけもなく不安な気持ちになったり情緒不安定な状態になり、やる気が全くなくなってしまいます。

 

ストレスや疲労、睡眠不足など不規則な生活が原因となることもありますが、女性の場合はホルモンバランスが崩れると自律神経失調症になるきっかけにもなってしまうようです。見た目ではわからないため周りからは「なまけている」と見られがちで、本人は何とかしようと焦るほどさらにストレスを感じ、うつ病などの心の病気を引き起こしてしまう原因にもなりかねません。

 

 

治療方法は生活習慣の改善

 

対処療法は薬物治療や行動療法などがありますが、自律神経失調症を引き起こしている原因を特定しなければ適切な治療も難しくなります。女性の更年期障害が原因の場合はホルモン剤を補充し元の原因を治療することが先決になります。根本的な原因を取り除いた後の一番の治療法はストレスのコントロールと生活習慣を改善することです。

 

夜更かしなどはせず夜はしっかり休養することで副交感神経を働かせます。しっかり睡眠を取れば朝もスッキリ目覚めることができ、規則正しい生活リズムを徐々に取得していくことができます。時間はかかるかもしれませんがこれが症状改善の一番の近道です。そしてバランスよく栄養を摂るようにし、ストレス解消のために自分の趣味に没頭したり、楽しい時間を作りましょう。

 

引用元:https://goo.gl/7RcN56

 

 

 


病院で検査をしても原因が分からない症状と言うのは本人にとってとても苦痛なものだと思います。まずは病院で検査をしてみて原因が分からない場合は自律神経失調症を疑ってみる必要があるかもしれません。同時に、規則正しい生活を見直してみたり、気持ち焦らずゆっくり毎日を大切に過ごしてみてください。
(キュレーター:rikako)

 

 

最新情報をチェック!