株価10倍 カルビーの「フルグラ」ってそんなに美味しいの?

株価10倍 カルビーの「フルグラ」ってそんなに美味しいの?

カルビーの株価は4年で10倍

ご飯やパンに次ぐ「第3の朝食」として大ブレークしている「フルーツグラノーラ」。その「フルグラ」人気を作ったのがカルビーという会社です。実はカルビーの株価はここ4年ほどで約10倍になっています。株式投資というと難しいように感じますが、カルビーの株価を押し上げるドライバーになったのがフルグラでした。カルビーといえばもともとは、ポテトチップスやかっぱえびせん、じゃがりこなどで有名ですね。かっぱえびせんを発売したのが1964年の東京オリンピックの年です。

 

上場は意外と最近

上場したのは2011年と意外と最近です。2011年3月に東証1部に2100円で上場し、その後株価は2013年9月に11070円と2年半で5倍以上になりました。値上がりしすぎて個人投資家が買いづらくなったため、カルビーは2013年9月に1株を4株に分割しました。したがって上場時に100株持っていた投資家は400株持っていることになります。分割後の高値は2015年4月の5700円(2016年4月9日現在)ですから、株数が4倍になったことを考えると、上場時に株を買った投資家の時価は4年で10倍以上のパフォーマンスになりました。

 

「フルグラ」の売上5倍で株価も5倍

株価を一番動かしたのは、フルグラの拡大でした。フルーツグラノーラは1991年には発売されていたのですが、2011年に商品名を「フルグラ」にしてマーケティングを強化しました。シリアルの朝食としての位置向上を狙う戦略にでたのです。2011年に37億円だった売上は、12年には63億円となり、13年は95億円、14年は143億円、2015年には200億円に迫っているようです。わずか4年で約5倍。足下の3年でも年平均50%以上の伸びとなっています。フルグラはすでに、カルビーの売上の7%以上を占める主力製品になりました。シリアル市場そのものを第3の朝食として拡大することになったのです。

 

連続増配も魅力

会社は連続増配(配当を増やすこと)しています。上場前の2010年3月期が1株当たり6円の配当だったのが、上場以降毎年増配しており、2015年3月期には配当が28円にまで増えています。たとえば花王は27年間増配を続けている企業として人気があります。花王は生活必需品のメーカーですので業績は安定しており、配当も毎年増えるので長期保有の株主が多くなっています。

 

サプライズで「株主優待」

 

16927567921_18f8a6882a_c

 

食品メーカーには株主優待で自社製品セットを贈る企業が多いのですが、カルビーは正式には株主優待を公表していません。外資系が筆頭株主であることもあって、株主優待で投資家を集めるよりも、配当で還元することが一番と考えています。昨年9月末時点の株主には、サプライズプレゼントとして、フルグラ、ポップコーン、カルビーライトシリーズ(えびせん、チップス2種、さやえんどう)の合計6点を贈ったようです。

 

カルビーでも株価の変動率は高い

フルグラのように身近にあるヒット商品が株価を牽引することも非常に多く、じっくりと長期投資することが本道です。カルビーのように業績が安定成長していて人気のある株でも、相場の需給関係では下げることももちろんあります。昨年4月の5700円高値から昨年の10月安値の3745円まで、半年で34%下げました。株価が高い時は追わず、むしろ安いときに購入するスタイルがいいかもしれません。

引用元http://bit.ly/2dTlPk0

______________________

株のしくみを知る

<株式市場を知る>

 株式の取引は主に各地の証券取引所で行われています。東京、大阪をはじめとして、名古屋、札幌、福岡などがあります。中でも東京にある東京証券取引所(東証)が一番有名です。みなさんも新聞などで、「おかげさまで、わが社は東証一部上場を果たしました!」という見出しを見かけているかもしれません。東証の後につく、一部二部というのは、野球でいうところの一軍、二軍です。二部にいても業績がよいと、一部に格上げされることもあります。

 

 そこで「東証一部」というのは、ひとつのステータスになっています。企業がそこを目指すのは東証一部というだけで企業の認知度、信頼度が大きく上がるからです。わかりやすくたとえると、東大に受験して合格するみたいなものですね(笑)。もちろん、東証一部は上場するための審査基準が非常に厳しいので、審査に通ることが非常にむずかしいのです。裏を返して考えれば、東証一部に上場していれ ば、優秀でつぶれにくい会社であることが多いともいえますね。またこれらとは別に、「東証マザーズ」や「東証ジャスダック」のような新興市場があります。

引用元http://kabukiso.com/basics/mechanism/itiba.html

______________________

日経平均は一部大企業の株価

日本には上場企業が約3,500社ありますが、日経平均はそのうち225社のみです。株価を動かしているのは一握りの大企業ということです。

 

自分の景況感で判断しない

中小企業で働く人にとっては、日経平均が堅調でも景気が回復した実感はほとんどない場合もあります。中小企業の業績が厳しくても、大企業の業績が良ければ株価は上昇します。

 

日経平均に惑わされない投資を

日経平均が上昇傾向にあるからといって、日本株全体が堅調であるとは限りません。日経平均の動きに翻弄されることなく、持ち株の株価の動きを常にチェックし、必要に応じて損切りを行う必要があります。株を買うときも、日経平均が堅調だからといって何でも買えるわけではありません。下降気味の銘柄は選ばないのが原則です。

引用元http://kabu5days.com/column07

______________________

フルーツグラノーラ」そもそもどうしてみんなこんなに注目しているの?グラノーラとはオーツ麦などの穀物を焼いて作ったシリアルの一種。そこにドライフルーツが入ると「フルーツグラノーラ」です。
グラノーラの主原料として使われているオーツ麦には食物繊維が玄米の約3倍含まれており、その他にもカルシウム、鉄分などを豊富に含んでおり、アメリカでは健康に良い食品として広く知られています。
フルーツグラノーラには女性に不足しがちな鉄分が含まれています。毎日食べれば鉄分をしっかり補えて貧血防止につながる!ので健康に一役買う製品だと思います。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

グルメカテゴリの最新記事