脂肪も病気も撃退!酢タマネギのすごいパワーとは?

レモン酢や酢キャベツといった「酢と○○」が、ちまたで人気ですが、なかでも酢とタマネギを合わせた「酢タマネギ」には強力な万能パワーがあるのをご存知ですか?生活習慣病やダイエット、美肌に効くといわれる栄養がたっぷり入っている酢とタマネギのWの効果が期待されます。それでは酢タマネギの作り方や効能を見ていきましょう!

 

1日60gで体が変わる!酢タマネギを毎日食べよう

 

タマネギと酢はそれぞれ体に良いという認識は皆さんあるかと思いますが、これを合わせるともっとすごい効果が現れるんだそうです。タマネギに含まれる【硫化アリル、ケフェロール、グルコキニン】と酢に含まれる【酢酸、クエン酸】が健康と美容に、効果を発揮します。

 

*血液をサラサラにする・・・脳梗塞・心筋梗塞予防

 

*血糖値を下げる・・・糖尿病予防

 

*腸内環境を整える・・・便秘解消・美肌効果

 

*免疫力アップ・・・風邪予防

 

*新陳代謝アップ・・・痩せ体質&アンチエイジング

 

*抗酸化が働く・・・眼精疲労緩和・老眼予防

 

*神経を鎮静させる・・・不眠解消

 

女性に嬉しい効果がたくさんありますね!毎日食べればずーっと元気でキレイを酢タマネギが叶えてくれそうです。

 

酢タマネギの作り方

 

<材料>

 

・タマネギ・・・3個(750g)

 

・酢・・・400㎖(リンゴ酢等でもOK)

 

・はちみつ・・・大さじ1

 

・塩・・・少々

 

<作り方>

 

1:タマネギの薄皮をむく。(このあとにすぐ切ってもよいのですが、4~7日くらい天日干しすると抗酸化成分のケルセチンが増えるので健康効果アップします。)

 

2:たて半分に切り繊維に逆らって薄く切る。

 

3:スライスしたタマネギをペーパータオルの上に広げて30分ほど空気にさらす(辛味を飛ばし、味と栄養素を安定させるため)と同時に、タマネギに塩を振り余分な水分をだす。

★注意★このとき水にさらすと血液サラサラ成分が溶け出してしまうので、注意が必要です。

 

4:塩分と水分をペーパータオルでふきとったら、密閉できる保存の容器に(煮沸するとよい)タマネギを入れて、次にタマネギが浸かるまで酢を入れます。

 

5:ここで、ハチミツ大さじ1を加えて完成。(ハチミツの分量はお好みでよい)あとは冷蔵庫で保存し5日ほどたって黄金色になったら食べごろです。

 

 

酢タマネギを使ったレシピ

 

<酢タマネギのサルサ風サラダ>

 

トマト・・・中1個

 

きゅうり・・・1/4本

 

酢タマネギ・・・60g

 

しそ・・・1枚

 

ミックスビーンズ・・・50g

 

おろしにんにく・・・小さじ1/2

 

砂糖・・・小さじ1/4

 

<作り方>

 

1:トマトときゅうりは7~8㎜の角切り、酢タマネギ、シソはみじん切りにしておく。

 

2:ボウルに材料全部を入れて混ぜ5分ほどおく。

 

3:水分が出てきたら、塩小さじ1とチリパウダー少々で味を調える。

 

(その他アレンジ方法)

 

・酢タマネギに醤油や和風だしを加えて、お肉や鍋物のつけだれとして。

 

・ハンバーグや唐揚げにつけてさっぱり味でいただく。

 

・スライスしたトマトに刻んだ酢タマネギをのせて。

 

・豆腐に酢タマネギと鰹節を乗せて、めんつゆでいただく。おろししょうがや、みょうが、アサツキなどもおすすめ。

 

・もずくと納豆と酢タマネギを混ぜて納豆のタレとからしで味付け。・ドレッシングに酢タマネギをくわえて、鶏ささみのサラダにかける。

 

・焼いた食パンにサーモンと酢タマネギをはさんだサンドイッチはマリネ風に変身。

 

引用元:https://goo.gl/FqCRcD

 

 

 


酢タマネギ、すごい効果ですね!酢もタマネギもそれぞれに体には良いモノだとは知っていましたが、抗酸化作用の眼精疲労や老眼防止は驚きました。そして便秘や美肌やダイエットなど女性にうれしい効果がたくさんで、逆に効かない所はないのではないかと思うくらいです。どこのお家にもある手近な材料で今すぐ作れるのも嬉しいですね。我が家も早速作ってみます!
(キュレーター:rikako)

 

 

最新情報をチェック!