子宮がん検診は定期的に!

子宮がん検診は定期的に!

 

子宮がん検診を受けた事ありますか?それとも定期的に検診をしていますか?今回は子宮がん検診について少しご紹介させて頂きます。子宮がん検診は「問診・視診・内診・細胞診・コルポスコープ検査」この様な流れで診察や検査が行われている様です。

 

子宮がん検診はどんな事をするの?

 

 

問診の例

・月経周期や分泌物の異常の有無など

・妊娠や出産の経歴

・6ヶ月以内の不正出血や痛みの有無など

・今までの子宮がん検診の受診の有無

 

視診の例

視診は問診の内容を参考にしながら実際に子宮頸部の状態を目で見て確認する事です。視診をする時には膣鏡(クスコ)という器具が使われ 膣部に挿入し「おりものの状態や炎症・裂傷の有無」を確認したりします。

 

内診の例

内診は医師が直接 膣に触れてその状態を診察するスタイルを言うそうです。内診で行われるのは双合診(そうごうしん)という診察方法で「片手の指を膣に挿入して もう片方の手で腹部を押さえ 双方の手で挟みながら触診する」というものです。この触診で「腫れやしこりがないか」を判断したりすると聞いています。

 

r40X3JazuipAWfW1485682635_1485682646

 

細胞診

細胞診は子宮頸がんの発生しやすい子宮頸部や膣部の粘膜を採取し 顕微鏡で観察をする検査になります。子宮頸部や膣部に専用の綿棒やブラシなどを挿入して細胞を採取するのですが、ただ月経直前・直後には検査に必要は細胞の採取が難しいので検査を受ける時はその時期をずらして受診することをお勧めします。

 

コルポスコープ検査

コルポスコープ検査は子宮頸部や膣の表面を拡大する「コルポスコープ(膣拡大鏡)」という機器で行う検査になります。この検査は細胞診の結果と併せて診断を行う様で 細胞診・コルポスコープ検査は共に精密検査で行われることが多いので通常の子宮がん検診では行わずに必要に応じて行われる検査となる様です。

 

子宮がん検診を受ける最適な時期は?

 

 

子宮がん検診は住民健診や子宮がん検診クーポンの配布といった自治体などが行う公的検診の場合「2年ごと」に設定されている事が多い様です。なので2年ごとの検診を欠かさずに受けていれば基本的には問題ないと言われている様ですよ。

 

 
MNNye16ah6tyRci1485682684_1485682694
 
 
また この2年間隔という期間には根拠があるらしく子宮がん検診において細胞診・HPV検診共に陰性だった場合、3年以内に子宮がんを発症する可能性はごくわずかだということが分かっているからなんだそうです。
 
 

子宮がんのセルフチェック

 

 

子宮がんに見られる症状の代表的な例です

 

・月経不順、不正出血などの月経異常が続いていませんか?

・月経の時以外にも微量でも性器から出血することはありませんか?

・背中や腰に神経痛のような痛みを感じませんか?

・性交時に激痛を感じたり、出血したりしませんか?

・おりものの量が増えたり、異常はありませんか?

・下腹部に張りや痛み、違和感を感じませんか?

・排尿・排便に不便を感じるますか?

・肥満・高血圧・高脂血症などが気になるなど

 

6Cn9coWsbECtAuQ1485684889_1485684907

 

あれ!いつもと違う!と感じたら早めに婦人科を受診することをお勧めします。受診して異常がなければ安心できますね。

 


 

私も子宮がん検診は何度か受けたことがあります。市町村からの無料子宮がん検診のチケットも頂きます。でも なかなか目先の忙しさにかこつけて検診に行っていませんでしたが 私自身も自分を大切にしないと!と思うので早速 検診に行ってみます。皆さんも是非 検診に行きましょう。

( キュレーター : Rose ) 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

ガールズカテゴリの最新記事