歯の黄ばみの原因

歯の黄ばみの原因
歯の黄ばみ悪化させてるかも?!

 

毎日歯磨きしているのに歯が黄ばんでくる、なんてことありませんか?この黄ばみは食べ物からの色素沈着が原因にあるそうです。その原因となる食べ物と予防するにはどうすればよいのでしょうか。

歯の内部にある「象牙質」は年齢を重ねるとともに黄色くなってくるのですが、これは人によって違いがあるようです。髪や肌の色が違うのと同じことですね。それプラス環境的な要因として、「コーヒー・赤ワインなどの着色性の高い食べ物・飲み物の摂取が多い」や「タバコを吸う(ヤニ)」「歯の磨き残し」などが黄ばみの原因となっているようです。

 

 

対策としては、着色性の高い飲食を控えたり、飲食後はこまめに歯磨きをしたり、定期的に歯医者さんできれいにしてもらう、などがあり個人的にホワイトニングできるキットなんかもあるようです。しかし使い方を間違えると、逆に悪化させてしまう事にもなりかねないので、一度歯科医に相談をして、正しい歯磨きの仕方を学び、フッ素濃度が高い歯磨き粉を使うのが良いとの事です。

 

引用元:http://news.livedoor.com/article/detail/12763643/

 

 

あなたは大丈夫?虫歯や歯周病を引き起こす「3大磨きグセ」とは

 

磨き癖のひとつである「歯磨きの時間」はどのくらいの時間をかけていますか?隅々まで磨くと10分以上はかかると言われますが、せめて3分は磨きましょう。食べかすが残ればいずれ歯石になり自分では落とせなくなります。まずは自分はどのくらい磨いているのかチェックしてみましょう。

 

歯磨きを無意識に行っていると、同じところしか磨いていないということがあります。偏らせないためには、大まかなエリアに分け磨く順番を決めることが大切です。磨き残しが多いのは「利き手の犬歯」「上の奥歯の内側」「舌の前歯の裏側」だそうです。歯間ブラシなどを使うのも効果的ですね。

 

しっかり磨こうとするとついゴシゴシしがち。口内炎や知覚過敏の原因になる可能性もあるので「歯ブラシを当てる」くらいの軽い気持ちが良いそうですよ。

 

引用元:http://www.whiteessence.com/why/kounai/migakiguse/

 

 

歯茎下がりを防ぐにはピヨピヨプー体操

 

歯茎(はぐき)は一度減ってしまうと増えることはないので、進行をすすめない、目立たせない工夫が必要です。歯茎下がりを防ぐには歯磨きは欠かせませんが、塩でゴシゴシはNGです。肌にあててくすぐったい位の力で優しく扱いましょう。

 

下の歯茎の方が薄くて下がりやすいので顔の筋肉を鍛えることで、歯茎を見せにくくすることもできるそうです。口角を上げる意識をするだけでだいぶめだたなくなるそうです。

 

また自宅でできる「ピヨピヨプー体操」が血流を促し顔全体のアンチエイジングに効果があるらしいのですが、方法は①頬をめいいっぱいすぼませて、ひよこのくちばしを作りピヨピヨと唇を4回動かす。➁頬を勢いよく膨らませる。これを1日1回行うだけと簡単体操です。

 

引用元:http://www.news-postseven.com/archives/20160205_382692.html

 

 

 


テレビを見ながら歯磨きをすることが多いのですが、ついつい手が止まり加えているだけの状態が長く「まだ歯磨きしてるの?」と言われることもしばしば💦意識して磨くことは大切ですね。エリア決めをするなどして真面目に歯磨きをします(;^_^A
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ガールズカテゴリの最新記事