正しい化粧水のつけ方!

正しい化粧水のつけ方!

 

化粧水の必要性

 

 

化粧水は肌に水分を肌に補給し、肌環境を整えて健康な肌の細胞を作るために欠かせないアイテムです。特にトラブルが起こりがちな敏感肌の人には無くてはならないアイテムですよね。でも その化粧水の使い方を間違えてしまうとトラブルの原因を作ってしまったり また 敏感肌の人にとって乾燥・シミ・シワなど肌トラブルを引き起こしてしまいます。

 

敏感肌の人は自分に合った化粧水をたっぷりつけて保湿することはとても重要なことです。でも 肌にとって良いと思ってやっている事が逆に敏感肌にダメージを与える原因になる可能性があるんです!「コットンを使って何回もパッティングしたり・手でこすったり・何度も重ね付けしすぎたり」・・・

 

tljzxqxuv8ueiky1483870172_1483870184

 

普段何気なくつけている化粧水の大切さを一度 見直してみるのもいいのではありませんか?もしかしたら肌を傷つけ 敏感肌をさらにいじめているかもしれませんね!正しい化粧水のつけ方を知って潤いのある肌を作って行きましょう。

 

こんな化粧水のつけかたはNG!

 

 

何度もパッティングをする

 

顔の肌はとてもデリケートです。マッサージ感覚で何度もたたく行為は肌を傷つけるだけじゃ無くて 肌の水分を逃がしやすくしています。更にパッティングをすることで毛細血管が浮き出て見えるようになり赤ら顔の原因になります。

 

gfkyk42r5gzvkcb1483870277_1483870287

 

手で化粧水をこすりつける

 

肌の隅々まで化粧水が行き届くようにと思い 手でこすりつけてしまいますが この行為はNGです!こすっても化粧水が肌の隅々まで浸透するわけでは無いんです。逆にこすることによって摩擦が肌を傷つけトラブルの原因になってしまいますね。

 

必要以上に化粧水をつける

 

肌には必要な水分量の上限があるんです!たっぷり化粧水をつける=プルプルお肌!と思ってしまいますが 時間が経つと余分な肌の水分は蒸発してしまうのです。そして蒸発する時 肌に必要以上の水分があると必要な水分まで一緒に持って行ってしまうんです。

  

基本の化粧水のつけ方

 

 

基本の化粧水の量

化粧水の量は多すぎるとかえって乾燥を招いてしまいます。化粧水は最初に化粧水の使用目安の1/2~1/3の量を手にとり手の平で温めるようにひろげましょう。

 

pafjvskvvmbpwu11483870231_1483870242

 

化粧水のつけ方!

 

つける時は手で「顔全体を覆うように 10秒から15秒程」やさしく押さえましょう。これを2~3回繰り返し 少しずつ肌に浸透させていくととても効果的です。また 目元や口元など 乾燥しやすい部分は指先でやさしく抑える様につけると良いでしょう。こすらずに押さえるイメージを忘れずに!

 

化粧水が浸透した目安は?

 

化粧水が肌の奥までいきわたった目安は 肌のモチモチ感です。手のひらを肌に当てそっと離した時に手のひらに吸い付いてくるような感覚があれば化粧水が肌に浸透していると言う事になります。

 


 

化粧水は女性にとって毎日欠かさず使う大切なアイテムですね。特に化粧水はスキンケアの中でも最も大切な基本中の基本だそうです。化粧水が上手く肌に浸透して潤っていれば保湿クリームを使わなくてもいい場合があると言われているそうです。私も化粧水をるける時 ついついパッティングをしたり すり込んでいた様に思います。今日から化粧水のつけ方に気をつけてモチモチのお肌にしたいと思います。

( キュレーター : Rose )

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

ガールズカテゴリの最新記事