受け継がれるには訳がある。

受け継がれるには訳がある。

あずきバーの井村屋、アイス売れて最高益 猛暑で好調

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9
井村屋グループの2016年9月中間決算は、売上高が前年同期比11・1%増の199億円、純利益が約3倍の4億円となり、中間期として過去最高だった。

 

なかでもアイス事業の売上高は、93億円。あずきバーをはじめ、新商品「わらびもち味」のヒットで売り上げを伸ばし、米国で展開する和風アイスも量販店の販売先が広がり、好調だった。

 

一方、あずきバーやあんまんに使う国産あずきの多くを供給する北海道が8月、豪雨被害に遭ったことで、大西安樹社長は「収穫が減るとの情報がある。今後(仕入れなどに)影響が出てくるだろう」と懸念を示した。

 

引用元:http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161108-00000013-asahi-bus_all

_________________

あずきバー、刃物の街とコラボ 硬さが縁で限定メニュー

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%ef%bc%92

刃物の街・岐阜県関市と、アイス「あずきバー」の井村屋(津市)がコラボした「関鍛冶(かじ)CAFE&あずきBAR」が23日から3日間、名古屋・栄のテレビ塔にある「THE BROOKLYN CAFE」にオープンした。

 

「あずきバーが硬いのは、関の刀匠の鍛錬で鍛えられたから」と、SNS上のユーモアあふれる投稿がきっかけで、関市は昨年、ふるさと納税の返礼品に包丁とあずきバーのセットを加えるなどして同社と交流を始めた。

限定メニューは7種類。「あずきバー カルーアAZUKIミルク」(税込み486円)や、あずきバーと一緒に炊いたご飯を使った「あずきバーローストビーフ丼」(同1167円)など、個性的なものばかり。注文すると刀を鍛錬する時の音が店内に流れてくる。

 

引用元:http://www.asahi.com/articles/ASJ986CYNJ98OHGB01C.html?ref=yahoo

_________________

「あずきバー」くわえられたのは歴史という名の調味料

%e3%82%a2%e3%82%a4%e3%82%b9%e3%81%82%e3%81%9a%e3%81%8d

存在感のあるあずきに加え、しっかりした歯ごたえと甘すぎない後味の良さが人気を呼び、2010年には年間2億5800万本の販売を記録した。73年に発売したあずきバーの原材料はあずきと砂糖、水あめなどのシンプルな設計。

時代のし好変化に合わせて甘さの微調整はしているが、設計に大きな変化はないという。それでも、あずきバーは売上高構成比で約20%を占めている。

 

井村屋は1896年(明治29年)に井村和蔵氏が立ち上げた「井村屋」を前身に羊かんなどの和菓子を製造販売していたが、1963年にはアイスクリーム事業に進出。アイス最中、氷金時バーなどのアイス商品を発売していった。

 

井村屋がこだわったあずきを柔らかく炊く技術は、あずきバーに含まれるあずき粒量に反映されている。1本のあずきバーには約100個のあずきが使われている。「粒を残すように大事に炊いているからこそ」

 

「甘さが後に残らず、もう一本食べたくなるような飽きのこない味」(商品営業部冷菓・加温営業チームの川嶋康之課長)を追求した。

 

現在の購買層のメーンは「40-50代の主婦」という。「F1層」と言われる20-34歳の女性までターゲットを拡大させるために、販売促進活動を行っている。あずきという日本文化と関係の深い素材を使ったあずきバーが世代間で受け継がれるような取り組みを加速させていく。

 

引用元:http://j-net21.smrj.go.jp/develop/foods/entry/2013090401.html

_________________

女性は小豆が好きですよね~。しかも体にも良い。私があずきバーを知ったのは母が好きで食べていたことから、同じく私もハマりました。ということは60-70代~すでに受け継がれているのだと思います。氷でもなくアイスクリームとも違う、微妙な地位を獲得しているあずきバー。夏も冬も消費されそうですね。(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ガールズカテゴリの最新記事