美容液と乳液の違いって?

美容液と乳液の違いって?

 

 

 

美容液と乳液の違いってよく分からないまま使っていませんか?昔は化粧水の後に乳液が当たり前!と言う様なイメージがありますね。もちろん間違いではありませんが 美容液と乳液の違いを知って自分にあった正しい使い方を知れば いつまでも潤いのあるお肌が保たれると思います。

 

美容液の特徴

 

 

美容液は透明や半透明の色をしていて その成分はいろいろな美容成分が含まれています。たとえば保湿とか美白とかアンチエイジングが入っていることもあります。

 

tJ94Xzd8_olEQyF1484643119_1484643132

 

美容液はジェルのような形状をしているのが一般的に多いようですが あまりにもネバネバしているものはお肌にとって刺激の強い増粘剤というものが多く入っていることがあるのでこれは避けたほうがいいと思われます。

 

お肌にとっておススメなのは「サラっとした感触」の美容液です。このような美容液はお肌に優しいのでおススメです。また メイクの下地クリームの変わりとして使えるのも美容液のメリットの1つですね。最近のメイクの下地クリームはお肌に刺激が強いものが多いのでその点で美容液が使えるのは嬉しいですよね!

 

乳液の特徴

 

 

なぜ乳液というのでしょうか?それは水と油がくっつく(乳化)を意味しているところから乳液と言われています。昔から乳液のイメージはお肌から水分が飛んでいくのを防ぐために使うもの!として親しまれてきました。

 

そして昔の乳液はただの油といった感じでしたが、最近の乳液は保湿成分が含まれているものも多くありますね。液の形状は見た目は白い水のようでとろみがあるものが多いです。

 

pJioeIASaNkC5lm1484643288_1484643304

 

ちなみに化粧水は・・・
お肌に栄養を与えることができるものです。とは言えお肌の水分補給のために化粧水を使うのは間違いです。今は美容液で栄養を補えるため最近では化粧水を使わない人も多い様です。水分の補給は水で十分足りていますので。
 
 
 

乳液と美容液どっちがいいの?

 

 

少し前までは「化粧水でお肌に水分を与えて油分で守る」というのが当たり前だったので化粧水+乳液が定番でしたね。でも 最近は水分は油によって抑えるよりも、保湿成分と水を結合させるほうが断然効率が良い事がわかってきたため 水分を油で抑えると言うやり方はやや古くなってきています。

 

基礎化粧品も進歩しています。よりお肌に良い保湿をする美容液なども開発されています。そのため以前の様に油を使う必要もないと考える人も少なくないと思われますは十分 向いています。それと高濃度であればヒアルロン酸も良いと言われています!

 

SX_70pgHe1NxyZD1484643342_1484643351

 

また 乳液をどうしても使いたい!という時はセラミドやヒアルロン酸などの保湿成分が入った乳液などをおすすめします。油分でお肌を保湿することはできませんが、高濃度で保湿成分が入っている乳液なら問題なく保湿することができますので安心ですね。
 
 

 
 
今まで美容液と乳液って同じものだと思っていました^^; でも その違いや化粧水を使わなくても美容液で十分な事も初めて知りました。昔の感覚のままではいけないと言う事ですね^^;今回の事で美容液と乳液の違いを知る事が出来たので今日からスキンケアは変えてみたいと思います。
 
( キュレーター : Rose )
 
 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
Rose

Rose

幼い頃から楽しいことが大好き! 活発な性格でやんちゃな事もしていた私 結婚をして子供を2人産んで ぐうたら主婦になりました(笑) こんな私が何故か子供が通っていた幼稚園の保護者会会長になり それから短大の保護者会会長まで長きに渡り教育の現場に関わらせて頂きました武闘派の主婦です。

ガールズカテゴリの最新記事