「ノーファンデ」でストレスフリー!シンプルがきれいを作る。

女性は外に出るときは多くの人がメイクをして出かけますよね。肌を作り上げるのも、たくさんの重ね塗りをすればお肌にも負担はかかっています。そんな理由からなのか最近ではファンデーションを使わない女子が急増しているそうです。「それ大丈夫?」と心配は無用!ファンでを使わなくてもきれいに見えるお肌の作り方を紹介していきます。

 

ファンデーションを塗らないメリットとは

 

 

女性はお化粧をすることが当たり前になっていますが、そもそもなんのためにファンデーションを塗るのでしょうか?それはもちろんシミやくすみ、ニキビ痕などを隠して「お肌をきれいに見せたいから!」ですよね。でもファンデーションは何からできているのか考えてみましょう。

 

ファンデーションの原料は油性の材料でできていて、そこに防腐剤やタール色素、着色料、石油系界面活性剤などの、化学物質が入っているんです。それらを顔に塗ったら…それはお肌にも影響がありますよね。ファンデーションを塗らないことで、肌への負担は大幅に減ります。そしてクレンジングも必要なくなるので、余分な皮脂をとりすぎず皮膚の乾燥も減らせます。

 

ファンデを塗らなければ、ヨレる心配もありませんし化粧崩れもないという事です。という事は化粧直しも必要ありませんし忙しい朝にベース作りがいらない分、時間短縮ができます。肌の変化もすぐわかりますし、調子が悪ければすぐに対処ができるというメリットもあります。

 

 

ノーファンデへの道のり

 

今までお化粧していた人がいきなりノーファンデにするにはとっても勇気がいりますし、お肌の準備もできていませんよね。どうやったら隠さなくてよいお肌になるのか。それは「潤い」です。潤いが足りないから、ターンオーバーが上手くいかずにシミができたり、シワができたり、黒ずみもそうなんです。

 

毛穴の黒ずみの原因は皮脂の酸化からきています。きちんと汚れが落とせてなかった場合や、過剰なスキンケアで肌が乾燥してしまっても黒ずみの原因になってしまいます。肌に必要な脂分は残しつつ汚れだけを落とすことで、肌の自然なターンオーバーのサイクルに戻っていくのです。

 

なのできれいにしたお肌には化粧水をたっぷり塗りこみましょう。それだけでも毛穴はきれいになります。そして水分補給をしたら、保湿です。夏場はクリームは必要ないと思いがちですが、しっかりフタをすることで水分の蒸発を防ぎ、ベタベタというよりもしっとり潤う肌になれば、お肌の悩みも解消してきます。

 

 

ノーファンデの正しいプロセス

 

ファンデーションを塗らないといっても、すっぴんでいるというわけではありません。特に今の時期は大量の紫外線が降り注いでいるので、そこはしっかりガードして、隠したいシミなども上手にカバーしましょう。

 

①UVケア・・・おすすめは紫外線吸収剤不要のものですと、肌への負担が減ります。SPFの数値も普段の生活であればSPF15~20位を、30分~1時間くらいの外出ならSPF35+++、それ以上であればSPF50++++と使い分けるとよいでしょう。肌の赤みなどが気になる方は、紫外線効果のあるカラーコントロール(化粧下地)を活用するのも良いでしょう。

 

②シミ&ニキビ跡のケア・・・隠したい部分は天然のミネラル成分で作られたコスメでカバーしましょう。石鹸で落とせるのでクレンジングも不要。お肌に化粧品が残らないので、トラブルの元にもなりにくくお肌に優しく安心です。

 

③フェイスパウダーをつける・・・フェイスパウダーは皮脂も取ってくれますし、UVカットをしてくれるモノもあるので、上手に活用しましょう。選ぶときはノンシリコン、合成ポリマー不使用のものがおすすめです。

 

引用元:https://goo.gl/tcn93Z

 

 

 


毎日のお化粧はホント大変ですよね。私は出来上がった顔のお面が欲しいと思ったくらいです(笑)なのでただいまノーファンデを目指してお手入れ中です。まだまだシミなどはありますが、潤してあげると時間はかかりますが本当にシミが薄くなってきていることにびっくりです。中にはファンデが顔に残っているなんて場合もあるらしいのでΣ(゚∀゚ノ)ノ古い角質をキレイに取り去りピカピカ素肌を目指します!皆さんもぜひ挑戦してみてくださいね❤
(キュレーター:rikako)

 

 

最新情報をチェック!