【驚愕】ゲッ…今朝も食べてた!?がんリスクが高まる!

【驚愕】ゲッ…今朝も食べてた!?がんリスクが高まる!

「朝食に避けたい」NG食品5つ

朝食を抜くことには、さまざまなデメリットがあるといわれていますよね? 勉強や仕事のパフォーマンスの低下、肥満、さらには脳卒中のリスクまで……!そんな大事な朝食ですが、ただお腹を満たせばいいわけではありません。実は、多くの人が朝食にとりいれている食品のなかには、必ずしも健康によくないものも含まれているのです。

 

%e6%9c%9d%e9%a3%9f

 

■NG1:菓子パン

パンはただでさえ小麦粉の糖分があるのに、さらにチョコやクリームたっぷりの菓子パンなんて朝から砂糖のかたまりを食べているようなもの。血糖値の急上昇を招いて肥満や糖尿病のリスクを高めてしまいます。あくまで“お菓子”だととらえましょう。

 

■NG2:食パンにマーガリン

残念ながら“白いパン”はどれも朝食には不向き。白いパンは小麦から小麦胚芽を取り除き真ん中の糖質中心の部分だけを取り出して作っています。甘くなくても糖分たっぷりで、食後は急激に血糖値が上がります。

 

食パンにマーガリンをつけるのはますますよくありません。マーガリンに含まれる“トランス脂肪酸”は、心臓病やがん、認知症、うつなど多くの病気との関連性が懸念されており、海外では使用が制限されているほど!

 

朝食がパンの子どもはご飯を食べている子どもよりも脳の発達がおくれやすいとのことです。しかも子どもの学年が上がるにつれて、パン派とご飯派の発達の差がどんどん広がるのだとか……!朝食はパンよりもご飯のほうがオススメです。

 

■NG3:ベーコン、ハム、ソーセージ

ベーコンやハム、ソーセージなどの加工肉は、発色をよくするために使われる添加物に大腸がんのリスクを高めるおそれがある。国際がん研究機関(IARC)の報告によれば、加工肉を毎日50g食べるごとに大腸がんのリスクが18%高まるとのことです。

 

■NG4:フルーツジュース

市販のフルーツジュースでは糖分や保存料が加えられていることも多く、また加工の過程で食物繊維やビタミンなどが失われてしまうこともあるようです。しかも果糖はふつうの砂糖よりも早く中性脂肪としてカラダに吸収されるといいます。

 

■NG5:低脂肪・無脂肪ヨーグルト

低脂肪、無脂肪ヨーグルトのなかには、風味づけのためにプレーンよりも砂糖が多く使われていることもあるのです。脂肪は糖質よりも腹持ちがよく、満腹ホルモンの“コレシストキニン”を分泌するというはたらきがあります。よかれと思っての低脂肪、無脂肪でかえって食べ過ぎを招いてしまうかも……。

 

いかがでしたか? 健康のためには毎日朝食を……といわれますが、逆にからだによくないものばかり食べていては残念ですよね。上記の食品はなるべく避けて、“ごはん+味噌汁”のような昔ながらのシンプルメニューで朝のエネルギーチャージをおこないましょう。

引用元http://wooris.jp/archives/197384

________________________

痩せたい人はちゃんと食べて「朝ごはんにベストな食材」5つ

「あとで、コンビニで菓子パン買うからいいや」なんて、そんないい加減に朝ごはんを済ませちゃダメ。「でも時間がないし……」という方に朗報。作るのに時間がかかる手の込んだ料理を食べる必要はありません!

 

■1:卵

朝ごはんの王道といえば、やっぱり卵料理。オムレツ、スクランブルエッグ、目玉焼きなど種類も豊富で、さっと作れるからありがたいですね。タンパク質が豊富な卵は、朝食べれば午前中の腹持ちがよく、満足感もたっぷりなので、栄養分も高く、朝ごはんの王道といえる食材ですね。

 

■2:グレープフルーツ

研究によると、グレープフルーツには脂肪を燃焼する効果があるそうです。また、血糖値やインスリンを整える働きもあるそうですよ!ビタミンも豊富なので、美肌にもよさそう。半分に切って毎日朝ごはんに食べたいですね。

 

■3:オートミール

オートミールの原料は“燕麦(えんばく)”という麦です。繊維質がたっぷり含まれているので満腹に感じやすいほか、ダイエットの敵・便秘にも効果大!またビタミンや、鉄分、カルシウムなどのミネラルも豊富、なんとオメガ3脂肪酸まで含まれるそうです。

 

■4:ブルーベリー

さまざまな健康効果を持つブルーベリー。実は、血圧を調整したり、基礎代謝を活発にするという効果もあるそうです!ほかの野菜や果物とスムージーを作ったり、オートミールやシリアル、ヨーグルトにのせたりしてもいいですね!

 

■5:ヨーグルト

ダイエットは、食事制限だけでなく、内側からもキレイにすることが大切。乳酸菌などプロバイオティクス入りのヨーグルトを毎朝食べれば、腸内環境が改善してお腹スッキリ。便秘が治れば、ダイエットや美肌にも効果が大きそうですね!

引用元http://wooris.jp/archives/summary/143769

_____________________

40歳を過ぎても「痩せ体質」をキープできるカンタン食生活ってなに? 

人間の体は、加齢とともに基礎代謝が下がり、体型は崩れていくもの。10代や20代のころの栄光はどこへやら。30代から40代に突入したら、食生活に気を配り、十分に運動しなければ、背中や太腿、お腹のハミ肉で悩む結果になってしまいます!

■1:ゆっくり食べる

食事を急いで食べると、ホルモンを分泌して「もう満腹!」と信号を送ってくれる中枢の働きが追いつかなくなり、空腹感にまかせてつい食べすぎてしまいます。食事はひと口ひと口ゆっくりと噛んで食べましょう。

 

■2:体のサインに敏感になる

食事中ある時点で「もう満足」と感じるこありますよね。「体が送るサインに敏感になる」ことが、痩せ体質を維持することにつながると言っています。「お腹がいっぱいだけど、美味しいからもう1つ食べちゃえ!」というのは、体のサインに反する行為。

 

■3:空腹になりすぎない

お腹が空いているときに買い物へ行くと、アレもこれも欲しくなり、予算オーバーなんてこともありますよね。空腹すぎるとガツガツと、余分な量まで食べてしまうのです。「ちょっとお腹が空いてきたな」というときに食べるのが秘訣だそうですよ!

 

■4:お皿を小さくする

大きなお皿を用意すれば、その上にまんべんなく食べ物を並べたくなるのが人間というもの。その心理を逆手に取り、お皿のサイズを小さくしているそうです。そうすれば、てんこもりにして食べすぎになることも未然に防げます!

 

■5:水を十分に摂取する

私たちの体は、喉が渇いて水分が欲しくなると、それを間違って空腹のサインと受け止めてしまうとのこと。余計なカロリー摂取を防ぐには、「お腹が空いた」と感じたら、まずは水を飲んでみてください。レモンを入れると、さらに満足感が増すそうよ!

引用元http://wooris.jp/archives/summary/104907

______________________

朝食を抜くことは、さまざまなデメリットがあると言われているけれどダイエットの為に食べないという女性が多い。また、自宅で食べる時間が無いのでコンビニでパンを買って食べるなど本来の日本の食事の内容が失われつつあるように思う。その多くは添加物の入っている食品であったりカロリーが高いものであったり、それら多くはがんのリスクが高くなると言われている。“ごはん+味噌汁”のような昔ながらのシンプルメニューで朝のエネルギーチャージをしたい。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事