おやすみ前にメイクを落とし忘れると…

おやすみ前にメイクを落とし忘れると…

忙しい毎日。つい、うっかりメイクを落とさず、気づいたら朝。なんてこともしばしば。それはいくらなんでも、良くないですね。なぜそれが良くないのか、やってしまったらどうすればいいのでしょうか。

 

 

ファンデーションは落ちにくいもの

 

1.17.7

 

「朝、鏡を見たらほとんど落ちてるから、大して悪くはないのでは?」 と思ったりしたら大間違い。 残念ながら、クレンジングなしで化粧が落ちることはないのです。 

ファンデーションは落ちにくく出来ています。 仕上がりや化粧もちをよくするため、いろいろな油脂が含まれているからです。 だから、しっかりクレンジングをしないときちんとメイクは落とせません。 クレンジングの後は皮脂汚れを落とすため、石けんや洗顔料を泡立てて洗顔。 このようにダブル洗顔が必要です。これらが面倒だったり、手間だったり、ついつい睡魔に襲われてベッドにもぐりこんだら、お肌はどんなことになるのでしょう?

 

 

メイクを落とさずに眠ってしまうと

 

1.17.9

 

メイクを落とさずに眠ってしまうと、敏感肌や乾燥肌の方は、肌への負担が大きいため、シワが出やすくなったり局所的に肌がカサカサになる可能性があります。よく言われているのが、 「メイクを落とさないで眠ると一気に肌が10歳年をとる」 ということ。一晩でそうならなくても、クレンジングをサボっていると徐々にシミが増えたりシワが増えたりと、皮膚の老化が進む可能性が高くなるんです。 

メイクを落とさずに寝ること 「酸化 = 老化」

メイクを落とさずに寝ることで、肌には様々なトラブルが起こります。化粧品には顔料や保存料などの粉末成分、油分、金属などが入っています。これらは時間が経つにつれ酸化し、毛穴から分泌される皮脂と混ざり合います。想像してみてください。それはまるで傷んだ食べ残しのようなものです。

 

1.17.4

 

また、残ったファンデーションが微生物の温床になっているという衝撃的な報告もあります。そんなものを肌の上で長時間放置することを繰り返せば、様々なトラブルを引き起こし、急速に老化してしまいます。

人が酸化するというのは すなわち、 老化です。お肌が老化してしまうのです。

メイクを落とさずに寝ることを繰り返した人は、肌に吹き出物ややけどのような炎症、くすみ、シワ、ひび割れができて、1か月でマイナス10歳肌になったという報告もあるのです。

 

 

やってしまった時はどうすればいいの?

 

1.17.2

 

翌朝、たっぷりのクレンジングで2度洗いをし、ドロドロになってしまったメイクをしっかり落とし、ぬるま湯で洗い流します。 そのあと、しっかり洗顔料を泡立てて洗顔。泡で顔を包むように優しく洗い上げましょう。 蒸しタオルを顔に3分程当てて、お肌はしっとりして血行も促進。これで毛穴が開きます。 そして、シートやコットンに化粧水を含ませ、3~4分間乗せておきます。お肌の奥に化粧水が浸透していき、これだけで、かなり肌の状態が違ってきます。

 

1.17.3

 

これからもハリのある生き生きした肌でいるために、必ずクレンジングをしてメイクを落としましょうね。

 

 

 


 

メイクを落とさず寝てしまったら、翌日の夜は早めに寝ましょう。きれいな肌のためにしっかりと睡眠をとっておくことも大切です。お肌の新陳代謝は、午後10時~午前2時と言われていますので、早めに眠りにつき、お肌を休ませてあげましょうね。

(キュレーター:SILVIA)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
SILVIA

SILVIA

夫と2男子の4人家族。昼は会社でワーキングレディ、夜は学びを求めてネットの住人。好きな作家は池波正太郎。好きな作品は「鬼平犯科帳」。勧善懲悪で今日もスッキリ!

ガールズカテゴリの最新記事