女性必見「悪酔い・二日酔い」をしない方法

 

皆さんはお酒を飲んで「悪酔い・二日酔い」などの経験をした事がありますか?ついついハメを外してしまったり 仕事での付き合いで沢山飲んでしまった!なんてあると思います。次の朝 記憶がなかったり顔がむくんでいたりなんてこともあったと思います。今回は悪酔いや二日酔いにならないための方法をお伝えしたいと思います。

 

ランチにキャベツを食べましょう!

 

 

ランチタイムに「キャベツ」をおすすめするのはキャベツの栄養素の中に「ビタミンU」が含まれているからです。このビタミンUは胃腸の粘膜を保護して炎症などを沈めてくれる効果があると言われています。市販されている胃腸薬などを服用するとなんとなく青臭さを感じる事がありますが これはビタミンUが入っている特徴と言われています。

 

 

この様な事から飲み会当日のランチタイムにキャベツ(千切りキャベツ・キャベツのサラダ)を摂取しておくとアルコールを飲む前に胃腸を保護してくれますし 胃腸が荒れてしまうことを防いでくれます。二日酔いの症状も軽減してくれるそうです。

 

飲み会の前に何か食べましょう!

 

 

よくビールが美味しいので乾杯まで我慢して何も食べない人がいますよね!胃にビールがしみて美味い!美味しく飲むための努力ですよね。でも 悪酔いや二日酔いの事を考えるとこの行為はNGです!酔い方はアルコールを飲む時の胃の状態でも変えられるそうです。

 

 

血中のアルコール濃度が高くなればなるほど「悪酔い」をすると言われています。同じアルコールを飲んでも胃に何は入っている状態の時と胃に何も入っていない状態とではアルコールを分解するスピードが違うので酔い方が全く違う様です。悪酔いや二日酔いを避けたい時は飲み会の前に軽く食べる事をおすすめします。

 

飲むお酒も選んでみましょう

 

 

お酒を選ぶ!と言われると想像するのは「アルコールの度数が低いお酒」と思いかも知れません。もちろん そうなのですが その他にもお酒を選ぶ方があります。それはよく言われているのが醸造酒よりも蒸留酒の方が悪酔いなどしないと言われているんです。

 

 

主な蒸留酒

 

・ウォッカ

・ジン

・ウイスキー

・焼酎

 

蒸留酒は製造過程で沸騰させ不純物を取り除きアルコールを抽出します。アルコール度数は高めですが不純物が入っていないため酔い辛いそうです。乾杯などの時にビールを飲まれることが多いと思いますがビールは(醸造酒)なのでビールのあとはウイスキーなどの蒸留酒を飲まれると良いかも知れませんね。

 


 

いかがでしたか?悪酔いや二日酔いをするとお肌にも影響が出てきますよね!顔がパンパンになったりするのは避けたいものです。それに記憶がないと自分がどんなことをしでかしたのか分からないと言うのも女性としてちょっと恥ずかしいかも知れません。でも お酒を飲むときのポイントを掴んでおけば楽しくお酒が飲めるのではないでしょうか?皆さんも良かったら参考にしてみてくださいね。

 

( キュレーター : Rose )

 

最新情報をチェック!