食べ合わせが悪い・・・知ってた?

食べ合わせが悪い・・・知ってた?

健康志向の高まりから、食事に気を配る方も増えてきました。先日うなぎを食べながら梅サワーを飲んでいた時に、知り合いがうなぎと梅干しは、食べ合わせがよくないのよとポツリ・・・日本では昔から、一緒に食べたら身体に悪い、「食べ合わせ」が色々とあります。一部紹介します。

 

 

食べ合わせの悪い組み合わせ

 

 

 

鰻と梅干し

鰻の脂っこさと梅干しの強い酸味が刺激し合い、消化不良を起こすといわれていますが。実際には、酸味が脂の消化を助けるため、味覚の面も含めて相性の良い食材です。

 

カニとかき氷

胃や腸とともに身体全体が冷えて、内臓機能が低下し腹痛になる可能性が高くなります。

 

人参と大根

大根のビタミンCを人参のアスコルビナーゼ(酵素)が壊します。しかし、アスコルビナーゼは熱や酸に弱い性質があるので、加熱調理や酸味のあるものをかけて食べるようにすると酵素の働きを抑えることができます。

 

トマトときゅうり

トマトに含まれるビタミンCは心臓疾患などを阻止してくれるそうですが、きゅうりに含まれるアスコルビナーゼにはビタミンCを壊す作用があるのと、共に体を冷やす作用があるそうです。キュウリを酢の物にしたり、漬け物にしたりすれば、酵素の働きを抑制してくれます。

 

スイカと天ぷら

スイカの水分で胃液が薄まり、天ぷらの油分を分解できないそうです。そのため、消化不良を起こすことがあります。下痢気味の人は、避けたほうが無難だと。

 

カニに柿

傷みやすい蟹と、消化の悪い柿の組み合わせは、ともに胃腸や身体を冷やす作用があります。この組み合わせは、山の幸と海の幸の組み合わせなので、昔は両方を一緒に食べようとすると、食材を調達するまでに時間を要して、傷んでしまうことがあったため、食中毒になったという戒めもあるそうですよ。

 

ほうれん草とゆで卵

ゆで卵の硫黄分がほうれん草の鉄分の吸収を妨げます。ただし、目玉焼きやスクランブルドエッグはでは心配いりません。

 

スイカとビール

両方ともほとんど水分で利尿作用があります。ビールの摂取が進みすぎ、急性アルコール中毒を引き起こす可能性があるそうです。気づかないうちに脱水症状に陥ってしまう危険性があります。

 

ラーメンライス

どちらもビタミンをあまり含んでいないため、炭水化物摂取量が増えるため、疲労や肥満を招く恐れがあります。ネギなどの野菜を一緒に食べればOKです。

 

ただの迷信と思っていたことが、ちゃんと根拠があったりします。昔の人の知恵もすごいものですね。ドレッシングや熱を加えるだけでも酵素を抑制してくれる働きがあるので、新発見です。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20170217-00000056-dal-hlth

 

 

薬と食べ物の危険な組み合わせ

 

 

 

高血圧薬+グレープフルーツ

血圧を下げるカルシウム拮抗剤は、グレープフルーツの薬の効果を増強してしまう働きがあるため、血圧が下がりすぎたりする危険性があるそうです。

 

抗血栓薬と納豆

「ワーファリン」と呼ばれる抗血栓薬は、納豆に多く含まれるビタミンKが悪さをし、血栓ができやすくなるそうです。ビタミンKは、ほうれん草や青汁、クロレラにも多く含まれています。

 

骨粗鬆薬とヨーグルト

ヨーグルトはカルシウムが豊富なので骨粗鬆症に良いイメージがありますが、実はヨーグルトや牛乳などの乳製品のカルシウムが、骨粗鬆薬と結合して効果を弱めてしまうそうです。

 

頭痛薬・睡眠薬とアルコール

本来アルコールは血液の循環が良くなるため、薬の作用を強めてしまう働きがあるそうです。痛み止めのロキソニンや睡眠薬のハルシオンなどは、アルコールと組み合わせることで記憶障害を起こす可能性があるそうなので、要注意だそうです。

 

薬との飲み合わせはとても大切ですね~私も意識します。

引用元http://bi-plus.net/kenkou/dangerous-combination-of-medicine-and-food/

 

 

食べ合わせの良い組み合わせ

 

 

からあげとレモン

レモンにはクエン酸やビタミンCが多く含まれています。クエン酸は消化吸収を促進する効果があり、ビタミンCには血中コレステロールを下げる効果があるそうです。ビタミンCには血糖値の上昇を抑える働きもあるので、糖尿病予防やダイエットにも効果的だと。

 

焼き肉と大根おろし

焼き肉の脂は、たくさん食べるとドロドロ血になってしまいがちですが、大根おろしのジアスターゼが血液をサラサラにしてくれます。大根おろしのビタミンCは美肌効果があるそうです。

 

とんかつとキャベツ

キャベツに含まれるビタミンUには、胃腸薬にもなるくらい胃腸を保護して、胃の粘膜の代謝を助けてくれる働きがあるといわれています。添えられているキャベツは、揚げ物の強い味方と言えますね。

 

牡蠣とレモン

牡蠣に含まれる亜鉛は吸収されにくい成分ですが、その吸収率をあげるのが、なんとレモンです。レモンに含まれるビタミンCやクエン酸が亜鉛の吸収を助けるのだそうです。また、生ガキは食中毒になりやすい食材ですが、レモンの酸味がバイ菌の繁殖を抑えてくれるため、食中毒の予防になるそうです。

 

トマトとアボカド

トマトに含まれるリコピンは脂質がないと吸収されにくいので、アボカドなど脂質の多い食品と組み合わせることでリコピンを効率よく吸収することができます。リコピンの最大の働きは抗酸化作用です。また、アボカド1個でゴボウ一本分に相当する食物繊維を摂取出来るので、腸の働きを整え、ダイエット効果や美容効果も期待できるそうです。

 

豆腐と漬物

漬物は塩分が多いため、豆腐に含まれるカリウムが塩分を排出してくれます。日本の食卓には、漬物と一緒に食べるなら豆腐がいちばん合いそうですね。

引用元http://hmmm-space.com/tabeawase-good/

今回ご紹介した食べ合わせの組み合わせを、これからの食生活に是非お役立て下さいね。

 

 

 


 

 

子供の時に、スイカと天ぷらは食べ合わせが悪いと聞いていましたね。だって、どちらもとても好きな食べ物でした。しっかりとした知識は無かったけれど、ダメなものはダメ的な・・・調べると沢山有りすぎて間違っていたことがわかりました。サラダとして、トマトときゅうりは当たり前のように食べています。きゅうりはピクルス状態に調理すればビタミンCを破壊しないそうですが知らないと、折角食べていても返って逆効果であることを知りました。これからは、組み合わせも意識したいと思います。

(キュレーター:remon)

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事