生理中に食べたらNGですって!

生理中に食べたらNGですって!

生理中は精神も不安定になり、ストレスで「やけ食いをしてしまった」ことはありませんか?その時期特有の太る原因になる食べ物が存在します。今回は生理中に食べてはいけない5つの食べ物を、理由も添えてご紹介しますので役立ててくださいね。

 

 

デブに導く5つの食べ物

 

チョコレート

生理中に太る原因となる有名な食べ物がチョコレートです。生理中の精神安定剤代わりにたくさん食べてしまう人もいるようです。チョコレートが太る原因になるのは、チラミンという成分が含まれているから。チラミンは子宮や血管を収縮させてしまうので、体の調子を狂わせて代謝を下げてしまいます。代謝を下げると脂肪もつきやすいですね。カフェインが大量に含まれているので、眠れなくなってしまいます。睡眠不足はストレスの原因にもなって、食欲の引き金になってしまいます。

 

コーヒー

コーヒーに含まれるカフェインは、血管を収縮させてしまいます。血流が悪くなると、脂肪の溜めやすい体質になります。血流が悪くなると体を冷やしてしまうので、代謝を下げてしまいます。やはり代謝を下げるのは太る原因ですね。市販のコーヒー、クリーム、ミルクは添加物やトランス脂肪酸が多く入っていると言われています。これらも体を冷やす原因になってしまうので生理中のコーヒーはダイエットの天敵だと思ってくださいね。飲まないことが一番です、コーヒーは太る原因ですよ。

 

%e7%94%9f%e7%90%86

 

アイス

生理中の冷えは太る原因です。体を保温するためにも、アイスは避けましょう。暑い時期に食べたくなっても控えた方がいいです。アイスには糖質がたっぷり使われているので、体の脂肪になってしまいますよ。どうしてもたべたいときは、カロリーが低いアイスを食べて、その後に温かいもの摂取してください。

 

肉類

肉類の食べ過ぎは太る原因です。なぜなら肉類には「アラドキン酸」という成分が含まれており、アラドキン酸は「プロスタグランジンE2」というホルモンの生成を促します。プロスタグランジンE2が体内に多くあると、子宮は収縮する働きがあるので、代謝を下げると同時に生理痛を悪化させて動きたくない理由にも繋がります。

 

アルコール

肝臓に負担のかかるアルコールは控えましょう。アルコールを分解するときに、ビタミンやミネラルがたくさん消費されてしまうので貧血を起こしやすくします。貧血は体温を下げるので、脂肪を溜めるきっかけになります。アルコールは体を温める効果がありますので、少量ならOK。

引用元https://mdpr.jp/diet/detail/1628967

 

 

生理中にはどんなスキンケアが必要?

 

 

%e7%94%9f%e7%90%86

 

生理中のお肌はどうなっている?

生理前から生理中にかけての時期は、黄体ホルモンの影響で皮脂の分泌が増え、お肌が脂っぽくなったり、ニキビができやすくなっています。しかし、肌トラブルを解消するために過剰に洗顔するなどのケアを行うと、逆に悪化し、ニキビ跡が残ってしまうこともあります。回数は1日2回まで、普段にも増して優しく洗顔をするようにしましょう。

 

生理中は、新しいスキンケア商品に手出ししない

生理中は普段よりもお肌が敏感になっているため、新しいスキンケア商品を使ってみるなどはせず、使い慣れている化粧品でいつもと同じケアをすることをおすすめします。お肌が敏感な時期に使い慣れない化粧品を使用すると、肌トラブルが悪化する原因となります。新しい商品を試すのであれば、生理が終わるまで待ちましょう。

 

ニキビができても保湿はしっかりと!

また、ニキビができてしまった場合でも、化粧水などでしっかり保湿するようにしてください。ニキビができるとお肌が脂っぽくなるため、化粧品などは使用しない方が良いのではないかと考える方もいるようですが、保湿ケアをしないと、お肌が乾燥しやすくなり、バリア機能も弱まってしまいます。ニキビの部分を避けて塗るようにしましょう。

 

生理中にできれば避けてほしいこと

生理中はお肌のバリア機能が衰えるため、シェービングなどでムダ毛の手入れをするとお肌に刺激を与えてしまいます。また、エステやパックによるスペシャルケアも避けた方が無難です。頭皮も皮膚の一部であるため、カラーリングやパーマもできるだけ避けるようにしましょう。

引用元http://www.skincare-univ.com/article/001307/

 

 

ホルモンバランスを整える生活習慣

 

睡眠と美肌の関係

女性ホルモンには、月経周期をつくるエストロゲンとプロゲステロンがその代表としてあげられますが、睡眠が不足すると、このエストロゲンの分泌が低下します。エストロゲンは肌のハリやツヤを作る役割を持つので、睡眠不足が続くとメークのノリが悪くなるのも、エストロゲンが不足しているせいなのです。睡眠初期のノンレム睡眠時には、多くの成長ホルモンが分泌されるのです。その中には、肌をつくるホルモンも含まれています。

 

ホルモンがたくさん出る睡眠とは?

成長ホルモンが分泌されるタイミングは、寝入ってから約3時間の間でやってきます。この3時間の中にどれだけ深く眠るかで、成長ホルモンの分泌量が変わってくるのです。眠り始めてから深い眠りに入るまで、起きないようにすること。まぶしくて目が覚める、寝苦しくて起きてしまう、などと言うことが無いように、寝室の環境はしっかり整えておく必要があります。

 

運動がホルモンをつくる

成長ホルモンは睡眠中に出るもの、というイメージがありますが、実は筋肉を刺激するような運動をすると、運動後から30分ほどのタイミングで、成長ホルモンの分泌が一気に高まるといわれているのです。今までストレッチをしていた時間に、少しだけがんばってみて、筋肉が震えるぐらいの強さの運動を行うようにすれば、ホルモンの分泌量があがり、肌も体も健康になります。

引用元http://www.skincare-univ.com/article/000495/

 

 


 

生理の時はホルモンの関係で、太りやすく浮腫みやすいと言われています。原因となる食べ物の多くが糖質の高い物や脂質の高い物が代表的です。カフェインも血流が悪くなったり脂肪を溜めやすい身体にするようです。生理が始まってからの1週間は、特に体温がいつもより低めになるため、血行不良に陥りやすく、肌も乾燥しがちになります。そんな時は、身体を冷やさないように冷たい食べ物を避けて身体を温めてくれる食事に心掛けた方が快適に過ごせそうな感じがします。

(キュレーター:remon)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ガールズカテゴリの最新記事