人工甘味料はダイエットには逆効果?!健康と体重との関連とは

人工甘味料はダイエットには逆効果?!健康と体重との関連とは

ダイエットをしている人にとってカロリーオフでも甘さを感じる人工甘味料は強い味方だと考えられていましたが新たな研究結果から、今すぐの体重への変化はなくても将来的に健康上の問題や逆の体重増加への関連があることがわかってきたようです。

 

研究結果から分かった健康問題とは

 

調査対象40万以上を超えた過去37件の研究結果をカナダの「カナディアン・メディカル・アソシエーション・ジャーナル」は7月中旬にある論文を出しました。それは人工甘味料が体にどのような影響を与えるかと言うもので、被験者に6か月~数年にわたって人工甘味料を使用してもらったそうです。

 

その結果、体重が減ることへの関連性は確認はできなかったものの、長期にわたって人工甘味料を取ることで体重増加、肥満、メタボリックシンドローム、2型糖尿病、心臓疾患など健康問題への関連性が見られたようです。しかしハッキリとした結果が出ていない事と、マイナス要素があることから人工甘味料については慎重な態度をとっていくとのことです。

 

 

実験結果による多くの仮説

 

「マウス」と「ミバエ」によって得られた実験結果から立てられた仮説は、①脳が甘さを認識しても実際にはエネルギーを摂取できていないため、脳が他のモノから摂取しようとしてしまうのではないか?と考えられているようです。もう一つは②人口甘味料を取ることで腸内細菌のバランスを壊してしまい、食べ物の代謝に影響があるのではないか?と言う考えです。

 

また心理的な部分で③自分では自覚していなくても、カロリー制限をかけると他の物を摂取しようとしているのではないか。などなど様々な仮説があるようです。他にも逆の見方があり、体重増加によって、人口甘味料を使用する理由になっているのではないか?というものもあり、理由は複雑にかかわっていそうです。

 

 

人工甘味料で体重は減らない

 

様々な仮説がある中でも、研究結果からわかることは人工甘味料は肥満を解決してくれるものではないという事です。体重維持や減量をするには、たくさんの甘いものを欲しないように脳の訓練をするのが一番なのかもしれません。

 

カロリーゼロとうたわれている飲み物にも人工甘味料(添加物)は入っています。買う前に原材料をよく確認してみましょう。体にとって必要なものをと考えれば、やっぱり良いのは水やお茶などでを選ぶと良いのではないでしょうか。

 

引用元:https://goo.gl/KXY16i

 

 

 


人工甘味料は確かにカロリーはゼロだったりしますが、やっぱりそれは人工的に作られたものです。実験結果も動物実験だったり、症例がまだまだ少ないこともあるので現在では100%危険ということではないようですが、原材料をチェックしてなるべく摂取しないようにしたいですね。少しづつの積み重ねが与える影響は大きいので、特に小さなお子さんには気を付けてあげましょう。
(キュレーター:rikako)

 

 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ガールズカテゴリの最新記事