胸が大きくなるサプリメントってホント?副作用は大丈夫?

女性の象徴と言えばやっぱり「胸」ですよね。多かれ少なかれ女性であれば胸の悩みは、何かしらあるのではないでしょうか。その悩みが解決されるサプリがある!なんて聞いたら多くの人が試したくなりますが、規定以上の量を摂りすぎると体への影響も心配されます。実際どのような副作用が報告されているのかも見ていきましょう。

 

イソフラボンの1万倍「プエラリア・ミリフィカ」

 

最近では「ザクロ」や「大豆」「胎盤エキス」といった女性ホルモンと同じような成分が含まれてるといったことから、女子力をアップしてくれるものに注目が集まっていますが、その中で【プエラリア・ミリフィカ】といった植物からとれる成分に対して健康被害がでていると全国の消費者センターへの訴えが増えているそうです。

 

「プエラリア・ミリフィカ」はタイ原産のマメ科の植物で【根】の部分にイソフラボンと同じような女性ホルモンに似た働きの成分が含まれているのは分かっていますが、その強さはイソフラボンの1千~1万倍の強さがあると言われています。この数値の差には、プエラリア・ミリフィカの「産地」や「収穫時期」そして「植物の年齢」によって変わってくる事があり、それによりホルモンのバランスが崩れてしまう危険性があるとのことです。

 

 

副作用の危険性があるの?

 

プエラリア・ミリフィカは10年以上前から更年期障害に効果があると話題になっていた成分で、ここ数年では豊胸効果があると若い女性の間でブームになっていたようです。過去5年間の間で消費者センターに寄せられた健康被害件数は209件。うち200件が15年以降とのことです。

 

症状は「嘔吐・腹痛・下痢」などの消化器系への影響が76件と一番多く、次に多いのが「皮膚障害」で59件、そして「月経不順・不正出血」の33件とのなっているようです。年代別では20代が一番多く次いで40代、30代、10代という順になっています。

 

インターネットでは芸能人やモデルも愛用と言った文言も並んでいて、男性に関しては「抜け毛が減る」や「若返る」といった事も書かれているようですが、実際の医療基盤・健康・栄養研究所によると、胸が大きくなるという目的で服用した場合の安全性や有効性の研究結果はほぼないという事です。

 

 

 

ホルモン不足まずは医師に相談を

 

女性ホルモンを多く摂取すれば胸が大きくなるかと言うと、ある程度の効果があるかもしれませんが、その分副作用もあるという事を知っておくことです。たとえ更年期の人がホルモン補充のために使用してメリットがある一方で、血栓症や子宮内膜がん、乳がんのリスクが高まるという事は言われています。

 

自然の成分であっても、体に効果がある=副作用が起こるリスクもあるので、この成分のサプリの販売や使用を禁止している国もありますし、原産国のタイでも1日100㎎と言う規制も定めています。日本ではこのような規制が特にないため、サプリメントで気軽にとれてしまいますが、女性ホルモンが不足していると感じる場合は、まずは医師に相談することをおすすめします。

 

引用元:https://goo.gl/TQj66Y

 

 

 


自然の成分であっても全てが安心と言うわけではないんですね。いっぱい補充したら胸も大きくなる(笑)といった安易な考えではなくかかりつけ医がいたら、サプリメントに関しての相談もしてみると安心かもしれません。多すぎてもダメだし、少なすぎても不調になるし、微妙な配分といいますか、適度なホルモンをつくっている体は本当にすごいな~と感心します。その体にとっての一番よいのは食べ物から摂取するのが一番安心ですね。

(キュレーター:rikako)

 

 

最新情報をチェック!