心が折れそう・・・人の温かさを感じられた日

1歳8ヶ月あたりからプレイヤイヤ期が始まり1歳10ヶ月で本格的なイヤイヤ期が始まりました。そして私は2人目を妊娠中で6ヶ月に入ったところでした。その時期は、息子のイヤイヤ期妊娠中の情緒不安定さに色々と疲れきっていた毎日でした。息子と2人だけの時間は今だけだと周りから言われ、私も大切にしたいと思い、息子との夕方の散歩を日課にしていました。

 

「いやーだー」これが口癖の息子。とにかく抱っこはできなかったので説得説得しながらの散歩。機嫌が良いと20分くらいで歩き終わるコースが、1時間以上かかることも多々ありました。それでもその時間だけは怒らないように、イライラしないように、少しでも息子が大切なんだよと伝わるように頑張っていました。息子は消防車、救急車、パトカーが大好きで散歩コースで消防所前を通るようにしていました。正直、毎日の戦いに心が折れそうでした。

 

そんなある日、今までは消防所を道路越しに見ていた息子が、指をさして道路を渡りたいと言い出しました。イヤイヤされて泣かれるよりはと思って道路を渡り消防所前まで行きました。私たちが消防所前に行くと隊員さんが3人走ってきました。邪魔にならない様に端に寄ろうとした時、声をかけられました。「良かったら消防車に乗りませんか?」初めての消防車に息子はとても嬉しそうで、ハンドルを握り離しませんでした。そしてサイレンにパトランプまで息子1人のために点けてくれました。私はどうしてそこまでして頂けるのか分からず、聞いてみました。

 

すると隊員さんは、 「毎日毎日消防車を眺める親子がいるって話題になってて、でも道路越しにだからこちらも声をかけられなかったんですだから道路を渡ってきた日には必ず消防車に乗せてやろうってみんなで話してたんですよ。それに、イヤイヤって我儘いってるお子さんに付き合ってるお母さんはとても凄いなって。その姿を見て僕達も訓練頑張ろう!忍耐強く!みんなが意識高くなれたんです。感謝してるんですよ」こんな素敵な言葉を貰ったのは初めてで、辛いことばかりの1ヶ月が隊員さんたちのおかげで幸せなことなんだと気付けました。そして息子がいてくれたからこうやって人の温かさを感じれました。何でもない日を特別な日に変えてくれた隊員さんたち、本当に本当にありがとうございました!!!

引用元https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/10/18/award05

______________________

人生の先輩からのメッセージ

ベビー用品店へ行かねばならなくて娘と2人で向かった時の事。1人で交通機関を利用するのが怖くてずっと逃げていた自分に飽き飽きしていたのもあり、頑張ってバスに向かってみました。バギーは重く1人では乗せられません。運転手さんに「後ろから乗りたいので、バギーを持ち上げるのを手伝って頂けませんか?」とお願いをして後ろのドアの前で待っていました。するとドアの前にいた60代後半か70代の女性が「私が前を持つからあなたは後ろを持ちなさい」と声をかけてくれました。

 

優しい言葉に感動しました。女性に、運転手さんにお願いした旨を伝えて御礼を言っているところに運転手さんが来て、無事バスに乗車。バスを下車する時が近づくにつれて、また運転手さんにお願いしたり、周りの人の邪魔になる事を考えて憂鬱な中、下車するロータリーが見えてきました。すると今度は70代の男性がバギーに近寄って来たのです。「私が後ろを持つからあなたは前をお持ちなさい」すごくビックリしました。
先程同様、「運転手さんにお願いしましたので」と告げると今度は、男性が胸に響く事を言われたのです。

 

「あなたね、こんな事は運転手さんにお願いするような事ではないんだよ。周りの人が協力し合っていけばよい話なんだから」すごく嬉しかったです。さらに男性と女性は「このご時世に子供を産んでくれてるだけでも感謝ですね」と話していました。立て続けに同じ年齢くらいの方々が温かい言葉と手を差し伸べてくださり感動しました。私は心から「ありがとうございます!!」「ありがとうございます!」と何度も言うと、男性が最後にハッとする事をおっしゃいました。「あなたはさっきから有難うございますと何度も言って恐縮してきるけど、これは当たり前の事なんだよ。だからそんなに恐縮する必要はないんだよ

 

たしかに申し訳ない気持ちと感謝とが混同していたので、その言葉を聞いた時に育児と家事と慣れない中で過ごす毎日によって張り詰めていた糸が一気に緩み、涙を流してしまいました。この人生の先輩お二人がしてくれた事により私の肩の荷はおりて、今では何かとビクビクするのではなく、私らしい育児を楽しんでいます。そして、私も同じ様に困っている人を見かけたら、出来ることをやろうと心がけるようになりました。

引用元https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/10/18/award11

______________________

うちの子の湿疹が一番ひどい…!心がいっぱいになっていた私の目を覚まさせた、ある老夫婦の言葉

 

MAY 3, 2005 - Beach Volleyball :  Phiten JAPAN TOUR 2005  in Odaiba, Tokyo, Japan.  (Photo by Yutaka/AFLO SPORT) (1040)

 

息子の場合、主に顔に湿疹が集中していて何をするにも気になって仕方ありませんでした。そんな中、4ヶ月健診の日がやってきました。ほとんど2人で遠出をした事がなかった為、前日から準備をし抱っこ紐でぐっすり眠る息子を連れて向かいました。ちょうど息子も起きたので私も抱っこ紐から出し説明を待ちました。その時です。私は気付きました。周りの赤ちゃんがみんなとても綺麗な顔をしていることに。この時期はみんな湿疹ができるんじゃないの?と自問自答しながら息子の顔を隠すように抱きしめました。

 

そこからはさらに顔の湿疹が気になって仕方なくなりました。病院をいくつか回ったり薬を変えたり。ネットで毎日乳児湿疹を調べて過ごしていたと思います。そんな時でした。地下鉄に乗っていると隣に座ったご夫婦が話しかけてきました。子供が大好きだという夫婦は息子の顔を覗き込み「まぁ、可愛い」と言ってくれました。「顔の湿疹がひどいので」という私に「ほら、笑ってくれたよ」と本当に嬉しそうに息子に声をかけてくれました。その時私はなぜか泣きそうになってしまいました。

 

確かに息子は可愛く笑っていました。それなのに湿疹が有ることが恥ずかしいような気がしてそんな息子の笑顔をちゃんと見ることなくいつも後ろめたい気持ちでいたからです。「お鼻が高いから将来楽しみね、ママ頑張ってね。子育てなんてあっという間だからちゃんと見逃さないようにね」本当に心に残る出来事でした。ちゃんと息子のことを見ていなくてごめんねとまた涙がでました。寝顔も何回も見に行きました。湿疹なんて気になりませんでした。

 

それからは早く治そうと焦らず生活できました。どんどん人前にも連れて行くようになりました。周りの子と比べるのではなく息子は息子だと今は周りとの違いも楽しめるようになりました。それからは病院も一つに決め、先生を信じお薬を塗り続けました。1歳を過ぎ今では湿疹はほとんどなくなりました。今も湿疹いっぱいの顔で微笑む息子の写真を見ると涙が出そうになります。よく頑張ったね。そしてこれからも息子は息子。焦らず一緒に成長していこうね!これからもよろしく!

引用元https://akasugu.fcart.jp/taikenki/entry/2016/10/18/award10

________________________

心が折れそうな時に人の温かさを感じられた日の3人のママさんの体験記を読んで涙が止まらなかった。周りの方々の温かい言葉は精神的に疲れているママさんたちの忘れかけていた人とのコミュニケーションを気づかせてくれたようだ。

自分の子供は可愛いし、成長も嬉しい!・・・でもね四六時中一緒だとしんどい。子供の体調が悪いと必死で調べたり・・・もう自分のほとんどの時間は子供一色なってしまうと言う。子供を守らなきゃっていう責任感は母親の深い愛情の表れなのでしょうね。

(キュレーター:remon)

 

最新情報をチェック!