今どきの子はサンタを信じる?

サンタクロースって本当にいるの?

「今年のクリスマスプレゼントは、彼氏に何を買ってもらおうかしら?」なんて悩む女性も多いこの季節。そんな女性たちにも、もっと純粋にクリスマスプレゼントを楽しみにしていた子供時代がありましたよね。ところで一体みんなはいつまで信じていたの? 気になったので友人や掲示板で約20名にアンケートを取ってみました。

12-17-06

すると衝撃の結果が。なんと約半数の人が「サンタクロースを信じたことがない」というのでした。それ以外は「幼稚園まで」「小学校低学年まで」がそれぞれ数名で、小学校中学年まで信じていた人は1名のみ。あとは「自分の子供が小学3、4年生くらいまで信じていたようだ」という回答が2名。うーん、意外とみんな冷めているようです。

でもサンタクロースは本当にいる。実際、北欧諸国にはサンタクロースが住んでいる村がいくつもあって、有名なところではフィンランドの『サンタクロース村』やスウェーデンの『サンタワールド』などがある。そのほかノルウェーやアラスカにもあります。これらの村のサンタクロースからは日本にいながらにして手紙をもらえる。日本語も堪能なので安心。有料ですけど。

さらにグッと身近なところでは、日本人のサンタクロースもいます。『グリーンランド国際サンタクロース協会』が認定した日本人唯一の公認サンタクロース、『パラダイス山元』さんです。陽気な名前がサンタクロースにぴったり。「世界サンタクロース会議」に出席したり、「サンタクロース養成講座」の講師を務めたりと充実したサンタクロースライフを送っているようで、なんと12/17(土)には宇都宮パルコに出没するとのこと。生のサンタクロースに会ってみたい人はこの機会にぜひ。

12-17-04

くまモンとパラダイス山元さん Facebookより)

サンタクロースを大きくなるまで信じていられる子供は幸せだという。しかし一方で、いつまでもサンタクロースを信じているような子供は学校でからかわれそうな気もします。さて、みなさんは自分の子供にはいつまでもサンタクロースを信じていてほしいですか?

 

引用元 http://www.excite.co.jp/News/bit/00091134696029.html

 

 

 

サンタへの疑問に一挙に答えてくれる本があります

 

12-17-09

サンタさんからおへんじついた!? (えほんとなかよし)

 

12月に入ってから、来るか来ないのかもわからないのに、小学生の娘が毎日、オモチャのチラシを眺めては「これ、サンタさんは持てるだろうか」などと強欲に真剣に検討している。毎日サンタに対する質問ぜめにあって、困っている親は、多いのではないだろうか。

そんなとき、見つけたのが、『サンタさんからおへんじついた!?』(ポプラ社)という絵本。
パッと見、絵も内容も翻訳本のようなのだが、「若林ひとみ・作 南家こうじ・絵」とある。
作者の若林ひとみさんは「クリスマス研究家」として知られた有名な人物だが、この本はサンタ村に生まれ、サンタ村新聞局に入社した「ギッテ・ハーゲン」という人がまとめたものという設定。

疑問はまず、ど定番の「サンタクロースは、いるんですか?」から始まり、「サンタクロースはひとりしかいないのに、どうしてひと晩のうちに、世界中のこどもたちにプレゼントをくばることができるのですか?」「サンタさんは、今、何歳ですか? 100歳ぐらいですか?」「サンタクロースは、どこにすんでいるのですか?」「サンタクロースは、夏のあいだは、なにをしているのですか?」「えんとつがない家には、どこからはいるのですか?」などなど、実際に子どもたちによく聞かれる質問が満載。

こういった本は、他にも類書があるが、この本の素晴らしいところは、回答の「ユーモア度」と「説得力」、「夢」と「もっともらしい現実感」とのバランスが、絶妙だという点だ。
たとえば、「プレゼントをくばるとき、そりはどこにとめるのですか?」という問いには……。「そりは、ふつうは屋根の上にとめますが、屋根の上にじゅうぶんなスペースがないときは、道の上。道もせまいときは、どこかちかくにとめられる場所をみつけてとめます。たまに、町を歩いているサンタを見た、という人がいるのは、こういう事情からです」

百戦錬磨のゆとりある回答には、大人も思わず唸らされることが多く、子どもだけでなく、大人もフツウに楽しめるし、子どもの質問ぜめ対策にも心強い一冊となりそうです。

引用元 http://www.excite.co.jp/News/bit/00091198081327.html

 

 

今どきの子はサンタを信じる? 「サンタ動画」アプリで検証してみた

 

12-17-02

サンタのメッセージ動画を無料でカスタマイズして、子どもや友人へ贈れるスマホアプリがある。贈りたい相手の名前や写真などを設定すると、動画の中でサンタが名を呼んでくれたり、写真と名前が掲載されたりするのだ。この動画を、幼児のお子さんをお持ちのママに実際に試して贈ってもらい、その反応を聞いてみた。果たして、子どもは本当にサンタからのメッセージだと信じるのか?

 

子どもはサンタを信じつつも同時に矛盾に気づいている

 

4組の親子に試してもらった結果分かったのは、物心ついた子どもはサンタ動画を見て、サンタの存在は引き続き信じるものの、同時に数多くの矛盾に気づいているということ。そして、母親への感謝の思いがあることや、自分もサンタからのプレゼントを信じたいという思いからそれ以上深く突っ込むことはしないのだと思われます。「一枚上手」な子どもたちでした。

 

引用元 http://www.excite.co.jp/News/bit/E1481883860651.html

 

 

 

 


 

いくつになってもクリスマスはワクワク、そわそわ待ち遠しいもの。今どきの子どもたちだって、自分にプレゼントを届けてくれる赤い衣装で白いお髭のおじいさんがいると信じられたら、夢とおとぎの世界であっても嬉しいことではありませんか?私たち大人たちはサンタクロースのように子どもたちに夢と希望を与えられる存在でありたいですね。

(キュレーター:SILVIA)

 

最新情報をチェック!