日本を旅してるみたい!「47都道府県の一番搾り」の売れるワケ

日本を旅してるみたい!「47都道府県の一番搾り」の売れるワケ

 キリン社員と地域消費者が共同で商品づくり。 キリンビールは全国の都道府県ごとに味や個性を変えて発売している「47都道府県の一番搾り」の年間販売目標を、260万ケースに上方修正した。当初目標と比較すると約2・2倍になる。都道府県別ビールの切り口に加え、国内9工場の設備の効率的活用で商品供給体制を迅速に整えられたことなどを理由としている。12日から、これまで未発売の栃木、群馬、富山、石川、奈良、福井、和歌山、佐賀、沖縄県の一番搾りを発売。熊本県の一番搾り「熊本づくり」も震災復興支援で全国展開する。

 

 2015年も9工場限定の一番搾りビールを発売したが、工場発であるため名称は「取手づくり」「横浜づくり」など、工場立地県に限られていた。今回は47都道府県とした分、キリンビールの工場がない長崎や鳥取、徳島、青森、埼玉、広島などの県でも発売できる。県名が商品名についているため「地元の居酒屋や料理店で、客寄せのため、ぜひとも店に置きたいと要望が多い」県名が入ったビールに地元料理を合わせて、提案しようとの思惑だ。

 

 商品の味覚設計からコンセプトづくり、飲み方提案まで、同社社員と地域消費者が関わっている点が特徴だ。例えば広島づくりは広島カープの象徴である赤色を目指し、焙煎(ばいせん)麦芽などで褐色に近い液色にする。山形づくりは紅花色の液色にこだわり、低温麦汁濾過製法と県産ホップを使用するという具合だ。埼玉づくりは麦作の盛んな地域を象徴するため麦を多めに使用してモルト感を出し、缶はすでにほぼ完売したという。

 

 ビール消費者に「キリンが考える、当県の味はこれだ」とお仕着せの商品を販売するのではなく、最初から開発に参加してもらうことで商品愛着を高める。47都道府県ビールの発売で、一番搾りを扱う料飲店はこれまでに1万店以上、増えた。他社ビールを扱う料飲店の攻略には通常、多大の営業努力と年月、資金を必要とする。ビールを置いてもらうため通い詰める営業マンの苦労を考えれば、キリンビールは新規開拓訪問で有力なツールを手に入れたことになる。

引用元http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20161016-00010004-newswitch-ind

_______________________

「47都道府県の一番搾り」商品概要

 

%ef%bc%91%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab

 %ef%bc%93%e3%83%93%e3%83%bc%e3%83%ab
 
 
______________________
 

あまったビールの活用法

 

 飲み残したり日付が少し古くなったビール。みなさんはどうしていますか?捨てていたとしたらもったいない話。少しの工夫でまだまだ活躍するビールの活用法をご紹介します。

[肉料理]
ビールに肉を漬けこむと、肉がやわらかくなり、風味がよくなります。ただし、風味がかなり落ちたビールをお使いになると料理の味に影響することもあります。
[ぬか床に]
ぬか漬けのぬか床に水のかわりに入れていただくと風味が増すとも言われています。
[植木の肥料に]
虫が寄ってくるといけませんので、少し土を掘って、1ヶ所に流し込み、上から乾燥した土をかぶせるようにしてください。
 
 
_______________________
 

ワインに賞味期限はありますか?

 ワインには美味しくお召し上がりいただくための飲み頃のタイプとして、熟成を楽しんでいただくタイプとフレッシュさを楽しんでいただくタイプがあります。通常のワインであれば、その目安は白ワインで2〜5年。赤ワインで3〜7年程度です。濃厚な味わいを持つ高級ワインは酸化に対する抵抗力が強く、20年以上の長熟なワインもあります。デイリーワインやボージョレ・ヌーヴォーのような軽いタイプは、フレッシュな味わいをお楽しみ頂きたいワインですのでお早目にお召上がりください。
 
 
_______________________
 
 「47都道府県の一番搾り」は、“地元の誇りを、おいしさに変えて”をスローガンに、地域で暮らすお客さまと一緒になって、地域の魅力を発掘しながらつくりだす、特別な「一番搾り」だそうだ。
地方の名物料理とタイアップしているところも魅力的だと思う。自分の故郷のビールを飲めるところも懐かしい「ふるさとは遠きにありて思ふもの」と思わず口ずさんでしまう。
 
(キュレーター:remon)
 
 

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
remon

remon

長女として育ったけれど我儘な部分が多い。 宇宙人的な性格と言われるが本人は、 いつも全力投球で生きてきた。 長く医療の場に身を置いてきたことで 人との心の触れ合いをモットーに 相手の心に寄り添いうということを学ぶ ことができた。 日常の暮らしの中から沢山の 学びがあるよに・・・ 面白いことを求めて走る超わがままな自由人 として、ホットな情報をお届けします。

ビジネスカテゴリの最新記事