きれいな肌を維持するには

きれいな肌を維持するには

ハリ・うるおいを保つ30代の化粧水選び

 

 

30代は公私ともに忙しく、そのためスキンケアもおろそかになったりホルモンバランスも乱れ始めるときです。加齢とともに乾燥しやすい肌になっているので、しっかり保湿できる化粧品を選びたいですよね。

 

化粧水を取る手

 

ポイントは「悩み別」「肌質」「価格」

「シミ」「シワ」「たるみ」「ほうれい線」等多くの悩みの原因となるのは乾燥です。その乾燥を防ぐには、保湿成分が入った化粧品を選ぶのが良いとされています。高保湿成分の「セラミド」プラス、美白やシミの予防には「ハイドロキノン」や「ビタミンC誘導体」を。シワ・たるみケアには「アスタキサンチン」「レチノール」。これらの成分が入っているか見てみましょう。

 

とはいっても自分のお肌に合わなければ意味がありません。特に乾燥肌・敏感肌の方は注意が必要になります。乾燥肌の人は、低刺激の化粧品で、セラミド・ヒアルロン酸・コラーゲン・抗酸化作用といったことをチェックしていくとよいそうです。

 

また、敏感肌の人は余計な成分が入っていないシンプルな製品内容のもので、バリア機能の改善を重視した化粧品が良いそうで、重要なのはセラミドと脂分。そしてアンチエイジングで大切なのは、続けることです。化粧水以外にも美容液、乳液クリームが必要になりますので、それらを使い続けられる価格も大切な要素になってきますね。

引用https://veramagazine.jp/article/thirties-lotion

 

 

美肌を保つスキンケアの方法

 

kyH41tjVEMrZUs81486279079_1486279139

美肌にはとにかく水分補給が必要なのですが、年齢とともに肌が乾燥してしまうのは、皮膚をバリアしてくれてる角質層と関係している「セラミド」の量が減ってしまうのが原因だそうです。しかしどんなセラミドでもよいわけではなく、選び方があるようです。

 

肌に潤いを与えてくれる効果のあるセラミド化粧品を選ぶには、成分がナノサイズの「人型セラミド(バイオセラミド)」で、化粧水ではなく美容液やクリームなどの「脂溶性」を選ぶほうが効果が期待できるそうです。しかし、乾燥がひどいときは化粧水で水分保湿し、そのあとに美容液(この場合はジェル)がよいそうですよ。

 

水分をしっかり補充した後は、クリームでしっかりフタをしましょう。クリームはちょっと苦手…という人もフタをしなければ、せっかくの有効成分も逃げていってしまいます。35歳過ぎたら特に夜のクリーム&目元口元にたっぷりつかいましょう。

 

引用:http://josei-bigaku.jp/sukinkeabiahada1122/

 

 

30代に必要な肌対策

 

パック

くすみ対策は、何が原因かをまずは知ることです。顔色が悪ければ、保湿クリームを使ったマッサージが良いし、半身浴や運動でえ血流を浴したり、角質がたまっている場合は古い角質を押し出すために保湿が必要で、さらには週1~2回のピーリングが効果的なようです。

 

そしてシミ対策は、メラニンを作りにくくする「メラニン生成抑制作用」とできてしまったシミ対策の「メラニン還元作用」とにわけて、年間を通してのお手入れが大切だそうです。もちろん外出時の日焼け対策も必須です。

 

毛穴・しわ・たるみには肌内部(真皮)の「コラーゲン」と、このコラーゲンの細かい繊維成分「エラスチン」とが年齢とともに減少してしまうそうで、これが加齢だけでなく紫外線によっても変性してしまうと考えられているようです。このように衰えがちな肌をサポートしながら予防ケアが必要になってきます。

 

引用http://www.skincare-univ.com/article/004634/

 

 

 

 


 

多くの女性がコラーゲンを求めていて言葉は知っていましたが、実際どんな働きがあるのかを分かっていませんでした。肌の仕組みを知れば、今までの自分のケアが間違っていたこともよく分かりました。水分を補充したら必ずフタをする!正しいお手入れが5年後10年後に差がでてくると思うので手遅れにならぬよう、きちんと毎日を積み重ねていきます。
(キュレーター:rikako)

よかったらこのチャンネルに
いいね!お願いします!


The following two tabs change content below.
RIKAKO

RIKAKO

父母と弟2人の5人家族の長女として育つ。素はおっとりのんびりのマイペースだが、父親譲りの短気さと、母親譲りのサバサバした性格と、長女ゆえの真面目さ正義感の強さが混ざった複雑な性格。だってAB型だしね(^_^;)周りからは「天然」と言われていたが、保険会社に勤めてから天然が治った?と言われるようになる。しっかり者で、できる女とみられがちだが果たしてどうだか。

ガールズカテゴリの最新記事